アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • ワイルドワーム

    GEXよりワイルドワームが発売となりました。アメリカミズアブの幼虫を乾燥させた物ですが、変な匂いもなくラフレシアで在庫している個体も比較的良く食べてくれました。軽いオヤツなどには丁度いい感じで、稚魚にはサイズもベストサイズです。1袋70gと軽い感じがしますが、乾燥で水分を飛ばして[...]

    続きを読む
  • プルマタカプアスのスーパーレッドを撮影掲載致しました。

    プルマタカプアス産のスーパーレッドを撮影&掲載致しました。プルマタカプアスはディナミカカプアスの子会社でリーズナブルな紅龍を養殖しています。勿論、安いだけではなく、質もお値段以上のレベルで特価での販売が実現いたしました。¥80,000(税別) 88,000(税込み)ショッ[...]

    続きを読む
  • SUMOレッドを撮影致しました。

    SUMO RED NO.6SOLD OUT¥158,000(税込み)人気のSUMOです。この個体は少しショート気味で太短い個体です。餌は小赤と例とエビを与えていて、週に1度だけオヤツでコオロギを与えています。与えれば与えただけ食べそうな勢いで飼育していて楽しい個体です。フットボールの[...]

    続きを読む
  • 下取りでSUMOが入荷いたしました。

    過背金龍へのお買い換えの為、下取りで初期のロットのSUMOが入荷いたしました。SUMOは比較的色が出にくいと考えていますが、それなりに良い感じの発色をしています。体高もあるので十分見ごたえのある個体に成長すると思います。この個体については店頭のみの受け渡しとなり発送不可個体となり[...]

    続きを読む
  • ヒータートラブル続出中!

    毎年この季節になるとヒーター切れのトラブルのお話を耳にします。「いつもとアロワナの様子が違うので水替えを行おうとしたらヒーターが切れていて水温が低下していた。」「朝起きたらヒーターが切れアロワナがひっくり返っていた。」などです。アロワナは基本的には30度で飼育しておられると思いますが[...]

    続きを読む

繁殖の記事一覧

卵の結果報告と国産F2誕生


前回のブログの卵の現状報告です。
ペア①の方の55個の卵は全滅です・・・。予想はしていたので正直それ程驚く結果ではありませんでした。もう一度このメスは体調管理を行い一からやり直します。


ペア②の42個の卵は3個のアロワナを繁殖する事が出来ました。
勿論、まだまだ先は長いですが19年間繁殖をやってきて初めての国産F2なので、僕の中ではこの3匹の持つ意味は大きいです。この3匹はアルビノの孫にあたりますが、アルビノ系列同士を掛け合わせなかったので黒目となります。

2回の産卵で97個もの卵を得たのに結果は3匹であるのは数字の上ではあまり良い物ではありません。正直、多くの方がそう感じている事と思います。でも僕の中では全く評価は逆で今回の結果には大満足しています。


現地でアルビノが少しずつ出回り始まってすでに10年以上の月日が経ってます。いくつかの養殖場でアルビノを保有して繁殖を試みていますが、生産数が上がらないという大きな謎がありました。普通の熱帯魚であれば一度アルビノが出始まると加速しながら繁殖数が増えます。アルビノシルバーやアルビノクロコダイルスティングレイなどが良い例でしょう。しかし、アジアアロワナのアルビノだけは何故か同じ様に数が増えてこないという謎がありました。

色々考え、聞き、悩み、実践してきましたが、この1ヶ月での3回の産卵と今回の3匹で一気にその謎が解けたのと、それをクリアする道が見えた事がとても大きな事でした。恐らく池の中が見えない現地の養殖場はその事に気がつく事はないと思いますし、確認するすべもありません。その点では個体を管理、観察できる水槽での繁殖の最大のメリットだと思います。現地の池で10年以上もアルビノが増えない理由、クリアする方法。この3匹は97個の中のたった3匹ではなく、大きな意味を持った3匹なのです。

1匹のアルビノの幼魚からやっとここまで来れました。もうそれ程遠い未来の話、夢物語ではなくなってきました。いつも応援ありがとうございます。またご報告します。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


2ペアから卵を取り出しました。



前回のブログの卵を全て取り出しました。この画像はペア①の卵です。取り出した卵の数は55個。若く小さいメスの割には凄い数で今までで最多記更新です。これは卵が小さかった事が要因で若ければ少ないという事ではない証明になったと思います。

残念ながらこの卵は全て失敗です。アルビノ系の宿命かもしれませんが、あくまで推測でしかなく次回もう一度チャレンジしてキッチリと検証します。


こちらは本日ペア②から取り出した卵です。数は42個で初産卵にしては十分な数です。多少問題はありますが、結果的には大満足しています。まだまだ油断できない状況ですが、今回の目標は達成できたので大きな一歩であったと思っています。

今回2ペアで計97個の卵を取り出しました。その多くが失敗となりますが、今回の2ペアは意図的に狙ったペアで産卵させる事が出来ました。数ではなく、ここで得た検証結果はこの数年謎だった答えを得る事が出来たので自分的には大成功です。2つある大きな問題の1つをクリアしたので、来年が楽しみになりました。

また変化があればブログでご紹介させて頂きます。いつも応援ありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


2ペアが同時に産卵致しました。



①バックヤードでペアリングしていた過背金龍が産卵致しました。一度も成功した事のない組み合わせですので、どうなるか分かりませんが無事に産卵し卵を咥えてくれたのでほっとしています。


②同じバックヤードでもう1ペア産卵しました。同日で2ペアでの産卵は初めてなので、少しびっくりしています。正直もう数日かかるかと思っていましたので、早く産んでしまったという印象です。このオスは卵を咥えるのが上手ですが、こちらの組み合わせも初めての組み合わせです。


①の産卵は動画撮影を行いました。何回か繰り返し見ましたが少し面白い動画が撮れました。

ここ最近はアルビノの繁殖を目指し、少しずつ難しい組み合わせのペアリングに挑戦しています。個体が若かったり、小さかったり、気性が荒かったりと簡単ではありませんが、少しずつ前に進んでいると考えています。今回の2ペアもアルビノ絡みの2ペアなので、成功すれば1歩前進する事になります。ただ、アルビノ絡みゆえの難題も抱えているので来年はそこをクリアする事に全力を尽くしたいと思っています。

いつも応援ありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


初めてヘテロの産卵動画の撮影に成功しました・・・。



ブログに書いたりご報告するか悩んだのですが、記録も兼ねてブログに残す事にしました。

2019/11/30
上記2個体はアルビノヘテロで、産卵の瞬間を撮るために撮影も行っていましたが見事に失敗しました・・・。産卵すると予想できていたので、前夜には水も替えてウールマットの交換、ヒーターやエアレーション等のチェックなど万全の体制でした。その前の週には濾過槽の掃除も行っていました。やれる事は全てやっていたので、後は産卵を待つだけでした。

最初のアルビノを入手してからこの日を夢見て14年の年月が経ちました。しかし、動画に残っていたのは無残な結果であったと同時に見た事のない映像でした。この映像をインドネシア、マレーシアに送ってみてもらいましたが、彼らも「見た事も聞いた事もない。」との返答でした・・・。

ここまで順調に進んでいた様に思っていましたし順調であったと思いますが、ここに来て大きな壁に当たってしまいました。アクアリーダーにも関係する事柄である為に、電話やライン等ではなく次回マレーシア渡航の際にもう少し掘り下げて議論したいと考えています。

今回採卵したヘテロの産卵まであと6ヶ月ありますので、その間にもう少し対応策を考えたいと思います。頑張ります。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ヘテロ最終報告(2019/08/21)



ヨークサックが吸収される寸前の稚魚です。ここまで約産卵から70日です。卵から黒水槽で飼育していた為に、身体全体が真っ黒です。このままの色合いで大きくなったらかなりカッコ良いと思うのですが、喧嘩を避ける為に単独飼育に移すので数日後には普通の色合いになります。


単独飼育に移し数日経った本日の画像です。メダカを食べるだけ与えていますので、腹が常にパンパンです。ヘテロはアルビノ過背金龍×過背金龍の組み合わせですが、ヘテロにはアルビノの表現は現れません。しかし、アルビノの遺伝子を半分受け継いでいますので、ここからさらにアルビノに戻し交配を行うか、ヘテロ同士で繁殖させればアルビノが出現します。

このヘテロ達が産卵したり卵を咥えるには最低でもあと3年はかかりますが、この子達の兄弟魚は産卵したり卵を咥え始まっています。かなり先は見えてきましたので、どこかのタイミングで国産のアルビノ過背金龍を繁殖させる事ができると考えています。

2ヶ月間応援ありがとうございました。また他の産卵があればブログやTwitter等でご報告させて頂きます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


RAFFLESIA

アジアアロワナ専門店ラフレシア

341-0044
埼玉県三郷市戸ヶ崎3124-12
048-955-7000

12:00~20:00
定休日 月曜日
http://www.arowana.jp/

カテゴリー

Count per Day

  • 877381総閲覧数:
  • 586463総訪問者数:
  • 117今日の訪問者数:
  • 209昨日の訪問者数:
  • 216一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: