アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • インドネシア1998年の暴動

    これは1998年のジャカルタポストの1面です。当時日本の新聞やテレビでも報じられたのでご存知の方も多いかと思いますが、スハルト大統領を退陣に追い込んだ民主化運動です。民主化運動って書くと聞こえがいいですが、新聞のトップにも書かれている”RIOT”。まさにインドネシア国民の大暴動でした。あ[...]

    続きを読む
  • アルビノ産卵最終報告

    アルビノの卵を咥えていたオスのヘテロですが、本日卵を咥えていない事を確認いたしました。仮に今回この組み合わせで成功していれば、確率上では半分の50%がアルビノだっただけに残念な結果です。しかし、当初の予想取りであったとも納得もしています。原因は様々ですが、1番はオスの未成熟だと考えていま[...]

    続きを読む
  • アロワナVS人工孵化(アルビノ産卵中間報告)

    アルビノの卵を咥えた2歳のオスの過背金龍、咥え残した卵の人工孵化とで様子を見ていましたが、人工孵化の方の卵は全て腐りました・・・。大きな原因は24時間監視、管理するのが不可能な事で夜中に腐った卵が連鎖的にダメになってしまいました。オスの方は口は大きく膨らまし平気な顔で卵を咥えています。し[...]

    続きを読む
  • キングショートを掲載致しました。

    スーパーレッドのキングショートを撮影し直し、ショッピングカートに掲載致しました。餌はメダカを食べるだけ与えて飼育していますが、もう少し大きくなれば後方も体高がで始まりかなり可愛い個体になると思います。基本的には高値で取引されるキングショートですが、ディナミカカプアスのジミーがラフ[...]

    続きを読む
  • ショッピングカート復活しました。

    ラフレシアのショッピングカートの不具合ですが、ほぼ修復できました。windows10に搭載されているMicrosoft Edgeで画像が上手く表示されなかったり、カテゴリーが機能しなかったりと言った不具合も改善されたと思います。長い間ご不便をお掛け致しました。PS.「まだここがお[...]

    続きを読む

繁殖の記事一覧

アルビノ産卵最終報告



アルビノの卵を咥えていたオスのヘテロですが、本日卵を咥えていない事を確認いたしました。

仮に今回この組み合わせで成功していれば、確率上では半分の50%がアルビノだっただけに残念な結果です。しかし、当初の予想取りであったとも納得もしています。原因は様々ですが、1番はオスの未成熟だと考えています。来年3歳になれば大きくもなりますし、もう少し結果も変わってくるかもしれません。次のチャンスまでに改善出来る所は何とか考えたいと思います。

アルビノの国内繁殖を目指してから13年ですが、今回の産卵で初めてアルビノが出る可能性があるペアリングだった事が大きな一歩でした。今思うとももう少し早く出来たかとも思いますが、これも振り返っての反省でもありますね・・・。

多くの応援ありがとうございました。また頑張ります。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


アロワナVS人工孵化(アルビノ産卵中間報告)



アルビノの卵を咥えた2歳のオスの過背金龍、咥え残した卵の人工孵化とで様子を見ていましたが、人工孵化の方の卵は全て腐りました・・・。大きな原因は24時間監視、管理するのが不可能な事で夜中に腐った卵が連鎖的にダメになってしまいました。

オスの方は口は大きく膨らまし平気な顔で卵を咥えています。しかし、先日のブログでも書いた様に今回の卵の成功率は10%だと思っていますので、正直このまま成功するのは簡単ではないと考えています。人工孵化との差はやはり崩れた卵を飲んだり、エラから吐き出す事で他の卵を守る事がでいる事だと思っていますので、今後アロワナに負けない様に人工孵化器の作り直しで対策を講じたいと思います。


さて、オスの口の中でオレンジ色に見えるのが卵です。ビデオで確認する範囲15個を咥えたはずですが、恐らく現在はその半分位だと考えています。口の膨らまし方、大きさなどは変わりませんが、卵の位置が少し奥に入った感じがします。明日は定休日なので、このまま2日様子を見てその間に次の方針を決定するつもりですが、2日後も同じ様に卵を咥えているのであれば多分取り出す事になると思います。

勿論、不利になる事は承知していますし賛否両論あるかと思います。しかし、今後の事を考え現在は開ける方向でいます。そうしないと先には進めないと思いますし、対策を考えるのも時間を要する為です。

PS.新たなヘテロのペアリングを開始いたしました。産んだ事も卵を咥えた事もない2匹ですが現在ヘテロ×ヘテロの中ではベストな2匹だと思っています。年内には産卵は難しいかと思いますが、来年は必ず産卵させられる様に努力します。

いつも応援ありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


アルビノ過背金龍×アルビノヘテロ



本日無事にアルビノ過背金龍が産卵し、ヘテロ(アルビノ×過背金龍)が卵を咥えました。
この組み合わせを夢見て13年の年月が経ってしまいましたが、やっと1歩前進出来たと思っています。アルビノを稚魚から育て、そこからヘテロを繁殖し、そのヘテロを育ててアルビノに戻すという作業でしたが、長い様であっという間でもありました。


このヘテロのオスはまだ小さい個体の為にあまり卵を咥えられない事は前もって分かっていました。アルビノの産卵数は45~47個で大きな卵でした。予想通り今回は15~16個の卵を咥える事が限界でした。ただ、口を大きく広げ卵を咥える姿はとてもたくましく思います。ヘテロが卵を咥える数は10個と考えていましたので、そこから考えれば15個は大成功です。


アロワナはオスが咥え切れなかった卵をメスが咥えます。しかし、メスは長期間咥える事はせずすぐに砕いてしまいます。今回も30個の卵を残し、メスが咥え始まったので網で掬って30個の卵を確保しました。これも予想していたので、網とバケツを用意し水槽の脇でじっと産卵を待っていました。1個の卵はアルビノが咥えてしまいましたが、ここも作戦通り上手くいったと思います。


掬った30個の卵の内2個は白濁したので取り除きました。アルビノが咥えた卵もすぐに砕いて食べてしまいました。この28個の卵は人工孵化に挑戦しますが、オスが咥えない人工孵化は世界でも例がないと思います。だた、物理的に不可能ではないので、いつかは成功できると考えています。

まとめるとアルビノの産卵数は45~47個でヘテロが咥えた数14~16個、アルビノが咥えた数1個→0個、人工孵化30個→28個が現在の状況です。

今回は3台のカメラで産卵の様子を撮影し何回もその動画を検証しました。正直今回の成功確率は10%、良くて20%って所でしょう。アルビノのメスは片目が潰れていて視力が全くありません・・・。2匹で寄り添って産卵する際にオスがメスの死角側にいた事が大きな原因ですが、これは僕が努力してもどうなる事でもないので運任せでした。勿論、諦めている訳ではないので、これからもベストを尽くして出来る事は全て行い全力を尽くすつもりです。

皆さん、応援ありがとうございました。またご報告します。


↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ペアリング方法によるメリット、デメリット



アロワナを繁殖させる時に用いている方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は混泳で飼育し、その中でメスの卵が大きくなるのを待つ方法と、オスメスだけで卵が大きくなるのを待つ方法です。簡単に言えば混泳で卵を大きくするか、2匹で卵を大きくするかと言う事です。

基本、ラフレシアでの繁殖方法は前者の混泳で卵を大きくする方法を用いていました。繁殖を長年やってきてこの方が自分に合っていると思っていたからです。この方法のメリットは混泳で飼育するので水替えや餌、使用する水槽の本数も1つで済みますので管理が楽な事です。デメリットはきちんと観察をしてタイミングを見計らうタイミングが難しい事です。

長年、ラフレシアのブログ等を読んで頂いている方にはお馴染みかと思いますが、「ペアにしました。」「産みました。」の2つのステップが短期間であると思います。これは産卵を見計らって2匹を分けて産卵させているからです。


現在はアルビノ系列のみで繁殖を試みていますが、ペアリング方法も後者に変えています。この方法のメリットは手間がかからない事と観察をする時間が大きく削れる事です。言い換えれば楽って事です。2匹が大きな喧嘩さえしなければ放置をしておけます。デメリットとしては産卵をコントロールし難い事で、産卵がアロワナ任せになってしまう事です。

いずれもメリットとデメリットがあり繁殖を狙われている方のライフスタイルや時間と手間、飼育匹数や飼育水槽などでもやり方が異なってくると思います。僕の場合、体力と時間が許すのであれば観察をしてタイミングを合わせる方が合っているとは思っています。仕事でアロワナに関わっていますので、1日の多くを店で過ごし、帰宅して監視カメラで何時間も観察する事も苦と感じないからです。

ただ、今行っているオスメスごとに2匹で飼育するスタイルが簡単なのは事実なので、もう少しこの方法を掘り下げようと奮闘しています。まだ大きく得るものは何もありませんが、いい方法が見つかれば2匹のペア水槽を5本管理する事も出来ると思っています。より簡単により確実に出来るように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


祝・京都のM様繁殖成功!



以前にも産卵でご紹介させて頂きました京都のM様が見事過背金龍20匹の繁殖に成功されました。

何回も京都よりご来店頂き、何度もお話させて頂きました。いつどもの失敗を乗り越えて今回は大量20匹の成功なので自分の事の様に嬉しいです。

卵の色なども凄く良いですし、アロワナもしっかりとしています。泳ぎだすまではまだまだ時間がかかりますが、難しい所はクリアしていますので、9月には少しずつ泳ぎだすと思います。

M様おめでとうございます!!

9/5は臨時休業となります。ご迷惑をお掛け致します。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


Count per Day

  • 642343総閲覧数:
  • 100今日の閲覧数:
  • 305昨日の閲覧数:
  • 439052総訪問者数:
  • 85今日の訪問者数:
  • 222昨日の訪問者数:
  • 234一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: