アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • クリアファイル(赤メタ)プレゼント開始いたしました。

    現在、ラフレシアのクリアファイルの赤バージョンをプレゼント中です。前回同様、メタリックで制作しています。角度が変わるとキラキラしていていい感じです。そんなラフレシアのクリアファイルですが、店頭&通販で商品代金¥3,000以上お買い上げのお客様にもれなくプレゼントしております。[...]

    続きを読む
  • アロワナライブ 取材&原稿執筆

    アロワナライブVOL.5の取材がありました。アロワナライブも早いもので創刊号から5年が経つんですね。アクアライフ&アロワナライブ編集長の山口氏とカメラマンの橋本氏です。毎回カメラマンは橋本氏で原稿などの打ち合わせは編集長と行っています。お二方とも20年来のお付き合いです。撮影する[...]

    続きを読む
  • METAL RED F4画像掲載いたしました。

    新しく入荷したメタルレッドF4の画像を掲載いたしました。この個体群はポンティアナで養殖、選別され日本向けに育てて頂いていたメタル達で、顔つきや体型、ヒレの大きさを重視し育てられた個体達です。今回の育成&選別ですがポンティアナのヒヤン氏、ジャカルタのジミー、そしてその中よりラフレシアが選別を行[...]

    続きを読む
  • 新しいペン型タイプのPH計の取り扱いを開始いたしました。

    新しく取り扱いを開始したペン型のPH計です。正直デザインは今風ではないですが、¥2,600(税込み)と安い事、従来の物よりも反応が早く安定する事、バックライトが付いていて確認がしやすい事が最大の特徴です。ペン型のPH計は持ち運びが容易なので複数の水槽のチェックに優れていますし、セ[...]

    続きを読む
  • アルビノペアリング実験のご報告

    現在アルビノの過背金龍の腹部が大きく、卵を持っていると確信しているのでペアリングを行っています。小さい時からこのサイズまで育て、すでに8回産卵させていますので、卵を持っている事はまず間違いないのですが、ペアリングに四苦八苦しています。複数のオスとペアリングをしていますが、代表的な[...]

    続きを読む

アジアアロワナの記事一覧

アルビノペアリング実験のご報告



現在アルビノの過背金龍の腹部が大きく、卵を持っていると確信しているのでペアリングを行っています。
小さい時からこのサイズまで育て、すでに8回産卵させていますので、卵を持っている事はまず間違いないのですが、ペアリングに四苦八苦しています。


複数のオスとペアリングをしていますが、代表的な2匹をご紹介したいと思います。

この組み合わせはアルビノ×アルビノでこの組み合わせで繁殖に成功する事が出来れば100%アルビノの子供しか産まれません。しかし、実際はそんなに簡単に進むわけもなく、オスのすり寄り程度で終わってしまっています。オスがまだ若過ぎる事が原因ですが、数年後には成功させたい組み合わせです。


今までのアルビノのヘテロに成功しているオスはペアリングには使用しておらず、新しいオスを用いています。

前回産卵し卵を咥えるだけで終わってしまったオスで、この組み合わせで成功した事はありません・・・。ただし、メスはこのオスを気に入っており、どうしてもこの組み合わせで再チャレンジとなったわけです。サイズも大きいので40個位の卵であれば楽に咥えてしまう大きさですので、そういった意味でも期待しています。

メスの卵の有効期間というものもあると思っているので、タイムリミットも迫っていると感じて焦っています。この機会を逃すと半年は産卵をさせないと思いますので、出来れば何とか産卵まではいってほしいものです。

また変化があればご報告いたします。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


アクアリーダー産過背金龍ショート



アクアリーダーの過背金龍のショートです。
身体の詰まり方もぎゅっとしていて、卵みたいな形のアロワナです。まだ13cmとサイズが小さいのでメダカを与えていますが、腹がパンパンになるまでよく捕食しています。


上がりはまだまだこれからですが、これでグルングルんに巻いてくれればかなりキュートな過背金龍になると思います。店頭入り口近くの水槽でピヨピヨ泳いでいますので、ご来店頂いた際には是非見て行ってあげてください。

国際希少野生動植物種登録票 170-002784
約13cm ¥248,000-(税込み)



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


インドネシア便入荷いたしました。



新たに入荷したディナミカのメタルレッドF4です。身体の全長に対し、尾ビレが大きいのがお分かりになるかと思います。入荷したメタルをランダムで撮影致しましたが、このロットの個体は尾ビレに特徴を持っています。20cm輸入は久々です。


メタルレッドのショートです。キングタイプは海外で人気のタイプなので、少し高めでしたがもう少し体高を出せればかなり良い個体だと思います。幸い、餌食いが良いので毎日食べるだけの餌を与えています。2週間もあれば少し太って体型も変わってくるかと思います。


最近日本での輸入量が減っている紅尾金龍も入荷いたしました。もともと、ディナミカはスマトラ島の親魚だけを用いて養殖を行っていますので、これが純血のスマトラゴールデンになります。白水槽に入れていますので、白っぽくなっていますが純血種の紅尾金龍は大きくなると濃い昔っぽい金質の発色をしてきます。


その前のインドネシア便で入荷したダトニオですが、少しふっくらしてきました。少し色も変化してきて、黄色味が強くなってきた感じです。フィッシュルクスを使っていますが、背ビレ付近の色が濃くなってきています。これがこのまま濃くなってくれるとオレンジのダトニオになる可能性もありそうです。

とにかくこの魚は様々なタイプが居るのと、数が少ないので情報がないのが難点です。この個体を含め、色彩変異のダトニオを4匹飼育していますが、各個体共に変色の仕方が違ったりしているので、もっと勉強しないと理解不能な魚だなぁ~と思っています。もう少し色々調べて分かった事があればまたご紹介したいと思います。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


マレーシアに行ってまいりました。2017/05



シンガポール経由でマレーシアに行ってまいりました。
シンガポールからマレーシアに入る国境では相変わらずの大渋滞です。しかし、これでも20年前と比べたらずいぶん良くなったんですよ・・・。昔はここを通過するのに3時間はざらでしたから・・・。


アクアリーダーに到着すると全体のストック量と質をざっとチェックしていきます。事前にある程度の打ち合わせを行い渡航していますので、比較的作業はスムーズに進みます。しかし、蒸し風呂の様な暑さのストックルームはじわりじわりと体力を奪っていきます。


気に入ったアロワナの水槽にチェックをつけますが、最終的に何度も細部まで選別を繰り返します。この単純作業が良い魚を輸入する事において一番大切な事ですので、結構真面目に頑張っています。


ラフレシアの為に出荷しないでキープしてくれていたショートの過背金龍。コロコロしていて可愛い個体です。この個体の他にセミショートも2匹ゲットしました。画像はあとで撮影して掲載致します。


ダイヤモンドポルカなども順調に繁殖が進んでいます。アクアリーダーのダイヤはジャッキーが自ら南米まで飛んで輸入した親魚を用いています。日本からでも遠い南米ですが、マレーシアから良く根性は凄いです。乗り継いで40時間以上はかかるんじゃないかなぁ~


良い感じのバットマンも生まれていて、これもゲットしました。アクアリーダーのエイの生産量からするとバットマンの出現率が高いのには驚きます。何かしら要因があるのでしょうけど、そのうち解明したい疑問の一つです。こちらもお楽しみに


ジャッキー、アセンさんと記念撮影。僕の持ってるこの赤いペンは、書けば書くほど支払いが増える魔法のペンです。今回もなかなか良い個体達をゲットできたので、是非楽しみにしてください。

相変わらずのマレーシアでしたが、この相変わらずって結構大変だし大切な事だと思っています。今後もアクアリーダーと共に頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

ではでは



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


ラフレシアでのペアリング 2017/05


アジアアロワナのペアリング
最近繁殖ネタを書いていなかったので、少し現状のご報告をさせていただきたいと思います。

現在はアルビノ系列に集中してペアリングに挑戦していますが、上記の画像もヘテロのペアになります。ペアって書いちゃうと産卵とか、すり寄りとか鳴くのを想像しちゃう言葉ですが、残念ながらこの2匹にその様なペアリング行動はありません・・・。当然、オスメスであろうとは思っていますが、なかなか簡単には進んでいないのが本音です。

この2匹は当店でアルビノより繁殖した純国産の過背金龍ですが、これで繁殖に成功すれば国産のF2でしかも25%アルビノが出現するので、自分の中での期待値はかなり高いです。

過背金龍 メス
この個体はかなり早い段階からメスであろうと考えている個体です。
現在で3日間殆ど餌を食べていません・・・。この水槽には姉金を放してありますが、匹数を数えていますので数日で2匹しか減っていません。次の画像はこのメスの腹部を分かり易く撮影したものです。


腹部から肛門にかけて鱗がずれているのがお分かりになるかと思います。金色の鱗の隙間から白い部分が見えていますが、これは餌ではなく卵で膨れて鱗がずれている為です。この状態でスタンバイは出来ている状態なのですが、ここからがアジアアロワナ繁殖の難しく面白い所でもあります。繁殖にはいくつかの難題がありますが、とりあえず第一段階はクリアしたってレベルにはなったと考えています。

皆さんの飼育されているアロワナでもこんな感じの鱗のずれがある個体が多く居ると思います。一度意識して腹部を眺めてみて下さい。

また何か変化があればご報告いたします。

ではでは

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000