アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • ネオケラ下取りで入荷いたしました。

    下取りでネオケラが入荷いたしました。愛らしい顔で人気の肺魚です。キャットを掃除機の様にパクパクと捕食する姿は見ていて楽しいです。サイズも約50cmありますので、大きなアロワナとも混泳可能ですし、性格も温和で丈夫なので初めての肺魚を飼育される方にもお勧めです。各ヒレを輸入時に修正を[...]

    続きを読む
  • 下取りの70cm級のスーパーレッド

    70cmの大きなサイズのスーパーレッドが下取りで入荷いたしました。実物をご覧いただくと大きさだけではなく、体高があり丸々している個体です。残念ながらエラ捲れがあり、鑑賞上はマイナスポイントです。ただ、その分特価での販売なので、繁殖を目指されている方には良い1匹だと思います。画像は[...]

    続きを読む
  • アルビノヘテロをご売約頂きました。

    大阪のN様に当店で繁殖したアルビノヘテロをご売約頂きました。ヘテロはラフレシアにてアルビノ過背金龍(メス)と過背金龍(アクアリーダー)で繁殖した個体で、100%のヘテロとなります。このヘテロはアルビノ過背金龍を水槽内で繁殖させたいとの想いから12年の歳月をかけてやっと繁殖し育て上げたました。[...]

    続きを読む
  • デュビア(ヒーラー)取り扱い開始いたしました。

    本日よりデュビア(ヒーラー)をテスト的に取り扱い開始いたしました。デュビアはコオロギ、ワームに次ぐアロワナ用昆虫の活き餌ですが、一番の特徴はストックが楽で強い事があると思います。この数か月間、ラフレシアでテスト的に与えていましたが、管理中のロスも少なく栄養価も高いので扱いやすい餌だと思い[...]

    続きを読む
  • ダイナミックレッド

    ディナミカカプアスより入荷したダイナミックレッドです。入荷時はかなり小さいサイズだったのですが、コツコツと餌を与えて全体的に大きくなってまいりました。本当は入荷時にもう少し大きいサイズ輸入したかったのですが、現地の養殖量、出荷状況やこちらの輸入タイミングなどが上手く合わないとどうしても小[...]

    続きを読む

古代魚の記事一覧

ネオケラ下取りで入荷いたしました。



下取りでネオケラが入荷いたしました。
愛らしい顔で人気の肺魚です。キャットを掃除機の様にパクパクと捕食する姿は見ていて楽しいです。サイズも約50cmありますので、大きなアロワナとも混泳可能ですし、性格も温和で丈夫なので初めての肺魚を飼育される方にもお勧めです。


各ヒレを輸入時に修正を行いましたが、左腹ビレがまだ伸びきっていません。このまま様子を見るのがベストだと思いますが、あまり伸びが悪い様であれば再手術すれば修正出来ると思います。

全長約50cm    ¥230,000(税込み)

このネオケラをショッピングカートに掲載致しました。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ダトニオプラスワン入荷いたしました。



インドネシアよりダトニオプラスワンが入荷いたしました。

天候不順でワイルドが採取出来なくなった事で一時期価格が高騰していましたが、ここ最近ワイルドが捕れ始まったので少し落ち着いてきた感じがします。

今回入荷した個体は少量ですが、全て20cmオーバーのバンドが整っている個体のみを輸入致しました。
小さい個体をこのサイズまで育てる餌代を考えると、とてもリーズナブルだと思いますし、40~50cmクラスのアロワナとも混泳出来るサイズなのでお買い得かと思います。

シーズンの関係もありますので、このサイズの入荷は少し減ると考えいます。ちょうど今、インドネシアでは2~3cmの稚魚も捕獲されていますので、次回のシーズン時の入荷は約5~6cmクラスになると思います。

今回入荷プラスワンをショッピングカートに掲載いたしましたので、是非ご検討ください。

ダトニオ掲載ページはこちらから



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


密かに売れ残っているプラチナエンドリケリーです・・・。



ラフレシアの片隅でずっと売れずにいるプラチナのエンドリケリーです・・・。
ショッピングカートにも掲載していましたが、未だに売れずに残っていたので今回撮影し直し、カートに再掲載いたしました。


輸入時は10cmほどだったので、15cmまでメダカとキャット、赤虫で育てて掲載し、その後は金魚と小さめの姉金を入れっぱなしで育てていたらいつの間にか24cmまで成長していました(笑)。


顔つきもまぁまぁいい感じだと思うのですが、売れません・・・・。今まで幾ら分の餌を食べたか考えたかは考えない様にしています。グルメになっちゃってるので、あまり冷凍餌を好んで食べません・・・。そんなエンドリですが、気に入って頂けるお客様がいらっしゃると嬉しいです。

価格は入荷時のまま頑張っていますが、さすがにもう少ししたら餌代位はプライスアップさせて頂こうかと思います。

ご検討よろしくお願いいたします。

約24cm  ¥98,000-
SOLD OUT



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


難ありですけど、良いサイズのアルビノシルバー



当店でヘテロの混泳水槽での喧嘩防止に混泳させていたアルビノシルバーです。

このサイズのアルビノシルバーが輸入される事はまずないので、混泳や繁殖狙いにはバッチリな個体だと思います。当店のヘテロ混泳水槽も喧嘩を全くしなくなってきていましたので、今回販売させていただく事に致しました。ラフレシアでもいつかはアルビノシルバーに挑戦しようかとも密かに考えていたのですが、なかなか良いサイズが手に入らなかったので諦めました。

ただ残念なことに20cmの輸入時から大きく顎ずれがあり、見事にそのまま43cmまで成長いたしました。

餌は冷凍餌、人工飼料、活餌と何でも良く食べますので、残り餌が余る事もなく非常に助かっていました。

全長約43cm  ¥24,000(税込み)
SOLD OUT



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ダトニオ・アンケートの結果



Twitter上で24時間限定で行ったアンケートの結果が出ました。
皆さんご協力ありがとうございました。

今回はこの件に関し僕なりの見解でブログを書かせて頂きたいと思います。

お客様や多くの業者様が「乱獲」と「大量輸出」が現在の高騰を招いているとお考えになっているとの集計結果でした。正直これは予想通りの結果であったともいえますし、こうなるであろうアンケートでもありました。このアンケートにご投票頂いた方や、ご覧になった方の多くは「当たり前の事では?」と思われたと思います。

勿論、「乱獲」と「大量輸出」もインドネシアのダトニオの高騰の原因ではありますが、実はアンケートの最下位だった「天候不順」が一番大きく影響していると考えています。日本でも良く聞く異常気象がインドネシアでも起こっており、これがダトニオが捕れない一番の原因であると考えています。

通常インドネシアには雨季と乾季があり、このバランスが大きく崩れていて大雨が降り続いたり、逆に雨が降らずに水不足になったりしているのです。


インドネシアのダトニオには2回のシーズンがあります。
厳密にいえば捕れるタイミングが2回あるのと言う意味ですが、1回目のシーズンは1cm前後の稚魚の採取時期、2回目は6~8cmの採取時期です。日本にはあまり入荷しませんが、1円玉サイズのダトニオをご覧になった事がある方も多いかと思います。15cm以上のサイズが入荷する事もありますが、それは前年以前に繁殖した個体です。

この2回の採取時期ですが、いずれも水位が下がった際に漁師がダトニオを捕獲できる時期なのです。通常1cmの新しく生まれた稚魚が捕れて、次に水位が下がって捕獲できる時には6cmまで成長しているのです。この雨と水位、ダトニオの産卵、捕獲がきちんと機能していない事で採取量が減り需要と供給のバランスが崩れ価格が上がっているのです。

これはワイルドの熱帯魚全般に言えますが、自然界の繁殖が頼りの種は避けては通れない事です。以前のブログで今年はハズレ年と書きましたが、それはこういう意味です。


野菜などもそうです。ニュースなどで「今年は白菜の値段が高騰しています。」とか良く耳にします。これは多くの方が大量に白菜を食べていたり、輸出されて不足しているるのではなく、天候が大きく影響していますよね。ましてや農家の方が白菜を作るのをやめた訳でもありません。

熱帯魚に話を戻すと、「今年アロワナのノーザンバラムンディー皆さん見てますか?」日本に入荷するノーザンの多くはインドネシア最東部のイリアンジャヤで捕獲されたワイルド個体が輸入されてきますが、今年は同じ様な理由で日本の市場にノーザンが出回っていないと思います。これはダトニオ同様、乱獲とか輸出量が増えた事とは関係なく、異常気象で捕れていないだけです。

勿論、ノーザンが現地に全く居ないわけではありません。採取量が減っているので、現地価格が上り輸入業者が「この価格では日本での販売は難しい」と判断して輸入していないのだと思います。


正確な数ではないかもしれませんが、1年間で300万匹のダトニオが輸出されると聞いています。凄く多い数ではありますが、ダトニオは3000個もの卵を産むとも言われています。この事を考えても居なくなったのではなく、やはり異常気象が捕れていない一番の原因である事は間違いないのではないかと思っています。

自然界にダトニオが居なくなるのが最悪のパターンですが、そうではないとすると次のシーズンは大丈夫というのとも少し違います。当然、捕れれば価格は戻るでしょうし、次も気象次第では採取量が少なく価格は今と同じかそれ以上もあり得ます。これはワイルドに頼らざるを得ない熱帯魚の宿命です。

少なくとも自然が大きく影響して現在の状況になっているので、これは神のみぞ知る所ではあります。多くのお客様にダトニオ入れないの?とお問合せを頂きますが、現状そんな感じなので、今の所様子をうかがっている所です。

ここの書いたブログが全て正しいかどうかは分かりませんが、なんとなくでも今回のアンケートを行った理由を感じて頂ければ嬉しいです。

ではでは


↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


Count per Day

  • 572429総閲覧数:
  • 261今日の閲覧数:
  • 576昨日の閲覧数:
  • 395480総訪問者数:
  • 183今日の訪問者数:
  • 369昨日の訪問者数:
  • 512一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数: