アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • RIP.Henrie

    Wajokのヘンリーさんがお亡くなりになりました・・・。ディナミカカプアス、ビンタンカルバー、サンバルジャヤサクティーなどと共にインドネシアのアロワナ養殖の基盤を作られたとても偉大な方です。ヘンリーさんとの取引は数回でしたが、僕にとっては神様みたいな方です。 [...]

    続きを読む
  • 【台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ】

    【台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ】台風19号接近に伴い、10/12(土)は臨時休業とさせて頂きます。12日はメールの返信、電話応答、発送等の業務も全てお休みとなります。お客様にはご不便をおかけ致しますが、予めご了承ください。↓ブログランキングに参加しています。[...]

    続きを読む
  • SUMO REDを撮影&掲載致しました。

    多くのお客様にお問い合わせを頂いております、SUMOを撮影しショッピングカートの方に掲載致しました。SUMOは文字通り相撲の力士の如く成長するとがっちりした体型になるユニークなアロワナです。幼魚時はそれ程大きな特徴がある訳ではありませんが、ぷっくりとした喉元が特徴的です。輸入後、水に[...]

    続きを読む
  • 少しお時間を頂いています。

    現在ヤマト運輸の送り状発行システムにトラブルが発生していて、送り状の印刷ができない状況にあります。データ保存中に落ちたり、強制ログアウトや印刷時のログアウトなどの症状が出ています。しかし全く印刷できないのではなく、昨日は1.5時間に1枚位のペースで印刷できる場合があり、1日パソコンと向き合っていまし[...]

    続きを読む
  • ショートとユニコーンのダトニオを掲載致しました。

    ショートとユニコーンのダトニオをショッピングカートに掲載致しました。近年はショートを含むダトニオの変異種も高騰しているのですが、交渉して比較的安値で出してもらえました。現在は小赤を中心に与えていますが、出来る限り冷凍エビ、冷凍ドジョウを食べる様に慣らしていいく予定です。ユニコーン[...]

    続きを読む

古代魚の記事一覧

ショートとユニコーンのダトニオを掲載致しました。



ショートとユニコーンのダトニオをショッピングカートに掲載致しました。
近年はショートを含むダトニオの変異種も高騰しているのですが、交渉して比較的安値で出してもらえました。現在は小赤を中心に与えていますが、出来る限り冷凍エビ、冷凍ドジョウを食べる様に慣らしていいく予定です。


ユニコーンのダトニオです。画像では見た事はありましたが、ラフレシアとしての入荷は初めてとなります。2匹いたので2匹とも購入しました。鶏冠の様で面白いダトニオです。

*出来る限り価格は頑張りましたが、餌代の関係がある為に成長具合等により価格を変更する場合がございます。

今回入荷したダトニオの掲載ページはこちらからオの掲載ページはこちらから


入荷したアロワナ達も薬浴を行い様子を見ておりますが、食べる餌の量も徐々に増えてきています。こちらも良い個体が沢山入荷していますので、ご期待ください。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


インドネシアに行ってまいりました。(2019/9)その1



バタバタと弾丸でインドネシアに行ってまいりました。
ディナミカのストック場で選別を行いますが、まずはアロワナ以外の魚を選びます。ジャカルタは渋滞が多く1日で複数個所を廻る事が難しい為に、逆に複数個所から打ち合わせしていた魚達をストック場に運んで集めてもらいます。インドネシアに来る前に動画や写真は見ていますが、実物を見てきちんと細かい所まで確認し選別を行います。動画や写真だと素晴らしくても実際見るとガッカリってパターンが多い為です。


まずはダトニオのショートです。ランクごとに別けられています。ある程度小さい時から選別を繰り返しグレード分けされています。サイズが小さいのとランクごとの差がまた微妙だったりします。正直考えていたサイズよりも少し小さく今回は無理をするのをやめました。全数で150匹前後のショート群でした。


赤ヒレなら食べれるサイズですが、メダカはまた苦しいサイズだという判断です。価格も上がっているのも原因ですが、1匹でも落とすと販売が難しくなると思いました。ハイリスクって判断です。期待して頂いたお客様には申し訳ありませんが、もう少し成長を待ちたいと思います。


①大き目のショートは選別しました。これは尾ビレが詰まっているタイプです。


②このサイズであれば金魚もメダカも捕食できます。価格も頑張って交渉しました。


③残念ながら反対側は4Barですが、体高もあってなかなかいい形しています。


④生まれつきヒレがない個体なども小さい時から選別され大きく大切に育てられています。


⑤この個体は顔がひょっとこみたいでした。餌を捕食できるのかな?って思いましたが、このサイズまで大きくなっているので大丈夫だと判断しました。


こうやって見てみるとダトニオじゃないみたいです。売れなかったらラフレシアでペットで大きくします。


他にもプラチナのエンドリケリーも選別しました。ラフレシアでは久しぶりの取り扱いになります。


とりあえず大きい個体から10匹ほど選別しました。入荷したらメダカ漬けにしてガンガン大きくしますね。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ガーの規制って結局はどうなの?



先日ネットニュースでアリゲーターガーの捕獲に関する記事が出ていた。この他にもたまに「〇〇川でガー捕獲」とかも残念ながら良く耳にする。
以前に書いたガー規制に関するブログはこちらから

ガーの放流に関しては業者を含むアクアアリストの責任である事は間違いない事ではありますが、平成30年4月の規制の方法がどうなのかは未だに疑問に思っています。

何故ガーを放流するのか?って事を考えてみると、水槽や餌、電気代などのコストなどの面で飼いきれない。引っ越しやお子様が出来たから水槽を減らす方もいらっしゃっるでしょう。勿論、飽きたから飼い変えたい。大きくなり過ぎた。など理由は様々だと思います。逆に規制時に申請していないからって方もいらっしゃるかもしれません。でもここまでは規制前に簡単に予測できた事だと思います。

規制から1年経ってやはり感じるのは、「まずは輸入を止めて日本にこれ以上のガーを増やさないが、販売は認める。」ってのがベストだったと思います。規制前に乱売されたのも事実なので、衝動買いした方も多かったでしょうし、買い逃した方も多かったと思います。

しかし、あの時に販売は認めていたら今どうなっていたでしょう?僕は希少性から価格はかなり上がっていたと予想します。仮に3000円で店頭販売されていたガーがいたとしたら、今販売出来るなら10,000円にはなっていたんじゃないでしょうか?5年後は30,000円、10年後には100,000円位になっていてもおかしくはありません。もしその予想が当たっていれば、年々希少価値で価格が上がるガーを、法を犯してまで放流するでしょうか?勿論、絶対にないとは言い切れませんが、ショップやマニア間での販売で流通し放流される数は激減すると思うんですけどね・・・・。で、結果的に密放流が無くなる、在来種も守れる。買えなかった人が入手できる。飼いきれなかった人が手放しながらお金をもらえる。その取引間に入ったショップも利益が出る。どこにマイナスがあるんでしょうか?

一度決まってしまった規制が簡単に変わるとは思っていませんが、販売を認めるのは実は今からでも遅くないんじゃないかなと思います。だって年々ガーは大きくなっているんですからね。誰も好き好んで放流をしている訳ではないんだと国にも分かって欲しいです。アクアリストの勝手な言い分なのかもしれませんけどね・・・。

ではでは

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。



0489557000


ロングフィン・エンドリケリー赤字特価販売です。



在庫しているロングフィン・エンドリですが、在庫数が多いので匹数限定で赤字特価にて販売させて頂きます。当店でも同ロットの個体で産卵しましたので、成功こそしませんでしたが繁殖も狙っていける個体達だと思います。

ロングフィン・エンドリケリー NO.11  ¥50,000(税込み) 売約済み


現在は輸入量も少ないので貴重なサイズの個体だと思います。個体入れ替えの為に全力赤字にて販売させて頂きます。

ロングフィン・エンドリケリー NO.10  ¥50,000(税込み) 売約済み

PS.正直仕入れ値は笑っちゃう位の金額でした・・・。個体名をクリックして頂けるとショッピングカートへ飛びます。是非ご検討宜しくお願いいたします。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ロングフィン・エンドリケリーの産卵



5月、レジ前の90cm水槽で単独飼育していたロングフィンのエンドリケリーが突然産卵しました。産む兆候など全く感じていなかったので、突然の事で驚きました。それから急いで1200×600をこのエンドリの為に用意しオスとペアリングをしました。


2週間ほどでオスがメスを追う仕草を見せる様になっていたので期待も膨らんでいました。以前お客様と「いつかはプラチナのロングフィンを繁殖させたい」と夢を語っていた位で待ち望んだ光景です。


エンドリの繁殖は挑戦した事もなかったので全て手探りですが何とか産卵まではいきました。5月の時点で粘着性のバラマキ型の産卵をするのは分かっていましたが、この2日間不定期にずっと産み続けているのにはビックリしました。


人工産卵藻にも卵が多く着いていますが、エンドリが藻に産み着けたというよりもこちらで卵の粘着性を利用して人為的に取り着けました。こうしないとベアタンクなので2匹の親に卵が潰されてしまうと考えた為です。

自慢じゃありませんがエンドリの繁殖に関して全く知識がないので、その場その場で考え対応する毎日です。想像ですが上手く受精していれば数日で卵に変化が見られ、1週間以内で孵化するのかなと考えています。初めてなのでそこまで上手くいくか分かりませんが、また卵に変化が出ればブログでご紹介しますし、失敗すればへこたれて次に成功するまでエンドリのブログは書かないと思います・・・。

ではでは



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


RAFFLESIA

アジアアロワナ専門店ラフレシア

341-0044
埼玉県三郷市戸ヶ崎3124-12
048-955-7000

12:00~20:00
定休日 月曜日
http://www.arowana.jp/

カテゴリー

Count per Day

  • 802216総閲覧数:
  • 539064総訪問者数:
  • 103今日の訪問者数:
  • 329昨日の訪問者数:
  • 294一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: