アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • Youtubeに動画を2本アップして頂きました。

    しーさんとリッグアッガイさんにラフレシア店内の動画を撮影して頂きYoutubeにアップして頂きました。珍しく顔出しで色々お話したので少し上がってますが是非ご覧ください。↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。[...]

    続きを読む
  • 夢のアルビノ繁殖計画(完結編)

    2006年に発売になったプラタパッド。表紙を飾ったのはアクアリーダーで産まれた3匹のアルビノとヘテロ達でした。当時アルビノの出現数は世界でも数少なく、この個体達を入手する事から僕のアルビノ繁殖計画は始まりました。今では考えられない位の価格で、アロワナマニアさん2人とラフレシアで計3匹[...]

    続きを読む
  • 明けない夜はない

    新型コロナウイルスの感染拡大に備える緊急事態宣言発令を受け、下記の様に営業時間を短縮させて頂きます。期  間:4/10(金)~ 5/6営業時間:12:00~19:00 (通常 12:00~20:00)定休日:毎週 月曜日*通販等は通常通り行っておりますが、一部商品に欠品が出始[...]

    続きを読む
  • ワイルドワーム

    GEXよりワイルドワームが発売となりました。アメリカミズアブの幼虫を乾燥させた物ですが、変な匂いもなくラフレシアで在庫している個体も比較的良く食べてくれました。軽いオヤツなどには丁度いい感じで、稚魚にはサイズもベストサイズです。1袋70gと軽い感じがしますが、乾燥で水分を飛ばして[...]

    続きを読む
  • プルマタカプアスのスーパーレッドを撮影掲載致しました。

    プルマタカプアス産のスーパーレッドを撮影&掲載致しました。プルマタカプアスはディナミカカプアスの子会社でリーズナブルな紅龍を養殖しています。勿論、安いだけではなく、質もお値段以上のレベルで特価での販売が実現いたしました。¥80,000(税別) 88,000(税込み)ショッ[...]

    続きを読む

海外の記事一覧

マレーシアに行ってまいりました。(2019/11)その2



昼食を済ませ、本格的に選別を開始します。全てはこの作業にかかっていると言っても過言ではありません。一匹一匹チェックしていきます。入念に個体を見ていくのですが、本当に良い個体はパッと見ただけで魅力が伝わってきます。一目惚れみたいな感じでしょうか・・・。その感覚は凄く大切だと思っています。


選別した個体の水槽にはⓇマークを入れていきます。記念すべき1匹目はこの個体からです。全部を掲載するにはスペースが足らないので雰囲気だけでも・・・。


金質が濃く、頭もバキバキのゴールデンヘッドです。日本に居そうで居ない入荷の少ないタイプなのではないでしょうか・・・。しかもサイズもありますので、迫力もあります。


金系も選別していきます。ある程度事前に数を用意してもらっていたので、選択肢が増えて贅沢な選別を行えました。


シャープな顔つきの過背金龍。ここからカエルなどで体高を出せば、かなり良い感じに育てられると思います。金質もとても上品です。


アルビノとプラチナの過背金龍です。まだヨークサックがあり今回は難しいですが、来年の楽しみが増えました。とりあえず、次回の渡航までキープしてもらう約束をしました。


アルビノは見慣れていますが、卵がぶら下がっていると可愛さ倍増です。いつかはこの姿を日本で見たいものです。繁殖熱に火が付きました。


出現率が低いプラチナですが、過背金龍の池より採れたばかりとの事でした。とても貴重なアロワナなので、ここから無事に成長する事を祈っています。買えるかどうかは別問題ですが、とりあえずキープしてもらいました。

こんな感じのマレーシア・アクアリーダーでの選別でした。
入荷&販売開始までまだお時間を頂きますが、頑張って選別してまいりましたので、是非ラフレシアに遊びに来て今回の個体達を見てください。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


マレーシアに行ってまいりました。(2019/11)その1



シンガポール経由でマレーシアのアクアリーダーに行ってまいりました。アクアリーダーはマレー半島の最南部に位置するので、日本から直接マレーシアに入るより、シンガポールを経由した方が4~5時間は早く到着出来ます。


シンガポールからマレーシアへは国境の橋を渡り入国します。この橋の両側に両国の入国審査場があります。橋を渡る前にシンガポール出国、橋を渡り終わってからマレーシア入国となります。東京と千葉を結ぶアクアラインみたいな感じです。


アクアリーダーに着くと急に雨が降り出し土砂降りになりました。30度超えの気温でしたが、スコールが来ると25度位まで一気に気温が落ちます。暑い中で選別を行うより少しでも落ちた方が作業が楽になります。20年以上渡航して慣れてはいますが、日本の寒い時期の渡航は気温差が大きいのでHPをガンガン奪われて行きます。


まずはストック場全体を流して見ていきます。細かくアロワナを見て回るのではなく、全体的にどの種類、サイズのアロワナがどの位居るかを把握する為です。ここはスーパーレッドと紅尾金龍が多くストックされています。


メインである過背金龍も流す感じで見て回ります。勿論、その間にも良い個体がいればメモを取って忘れない様にしていきます。ざっと見て回るといってもこの作業だけで2時間を要し、輸入全体のイメージを組み立てながら昼食をとります。


甘辛ソースのグルーパーです。えっと味は甘すぎです・・・。


さて、ストック場に戻って本格的に選別開始です。良い個体を選ぶのは当然の事ですが、個性のある個体、魅力やインパクトのある個体、形でも色でもとにかく特徴のある個体などを選別する様にしています。前回ご好評頂いた濃い金質を有する個体などを多めに選別する事にしました。年末でもありますし、いつもよりも数も多めに選ぶ予定で来ています。さてさてここからが大切な仕事なので頑張って選びます。

つづく



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


RIP.Henrie


RIP.Henrie


Wajokのヘンリーさんがお亡くなりになりました・・・。

ディナミカカプアス、ビンタンカルバー、サンバルジャヤサクティーなどと共にインドネシアのアロワナ養殖の基盤を作られたとても偉大な方です。ヘンリーさんとの取引は数回でしたが、僕にとっては神様みたいな方です。



ご冥福をお祈りいたします。
安息吧,愿您在天堂一路走好。

ヘンリーさんにお会いした時のブログです。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


インドネシアに行ってまいりました。(2019/9)その2



ポンティアナからジャカルタに国内輸送でアロワナが送られてきます。


日本向けの個体は特別に分けてくれていて、僕の渡航に合わせてジャカルタまで輸送して選別という流れになります。このやり方をしているのは、養殖場での管理の方が人手があるので育成しやすいのが理由です。


慎重に水合わせを行い水槽に放していきます。僕は実物を始めてみる事になるのですが、ジミーは毎週ポンティアナまで行っているのでそこでチェックしてくれています。一番ワクワクする瞬間です。


①SUMOの30cmサイズです。ちょっと値段は高いですが、1匹位店頭に泳がせようと打ち合わせしていた個体です。画像だとあまり凄さが伝わらないかもしれませんが、顔、形、ヒレなどかなりハイレベルな個体です。Twitterの方に動画をあげておきます。


この子も同じサイズのSUMOですが、トラブル発生です・・・。原因はインドネシアあるあるの水量を少なく送った為です・・・。個体が良いだけに残念ですが、価格交渉して購入する事にしました。


こちらは18cmサイズのSUMOです。ご要望が多かった為に今回少し多めに選別しました。大きな個体に比べれば太り方はまだまだですが、3~4カ月でかなり激変すると思います。アクリルの証明書の制作もギリギリ間に合いました。


このショートも画像で見るよりも体高がありますし短いです。後方のヒレが重なってしまっている辺りも大きなポイントです。


ストックルームで飼育されていた妙に黒いメタルです。特に特殊個体って扱いではありませんが、面白いので選別に加えました。大きくしてからラフレシアに出そうとしてこっそり育ててたみたいです。ジミーには「年末か来年にしなよ。」って言われたんですが、見ちゃうとどうしてもね・・・。


メタルレッドF4です。1500と1800の水槽が空いていたので「そこに入れるのに良いかなぁ~」と思ってチェックしているとジミーが「大きいの欲しかったの?」って言ってきた。事情を話すと「ポンティアナに良いのいるからどうせならそっちが良いでしょ。次回そっちを持ってくから今回はやめときな。」との事・・・。買いたいって言ってるのにやめときなってジミーらしいです。と言う事で選別漏れです。


ステンレス製のF4の証明書。見るとリミテッド・エディションって書いてあります(笑)。ひっそりと作っていたみたいです。特にF4リミテッドってグレードはないのでオマケだと思ってください。

ではでは

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


インドネシアに行ってまいりました。(2019/9)その1



バタバタと弾丸でインドネシアに行ってまいりました。
ディナミカのストック場で選別を行いますが、まずはアロワナ以外の魚を選びます。ジャカルタは渋滞が多く1日で複数個所を廻る事が難しい為に、逆に複数個所から打ち合わせしていた魚達をストック場に運んで集めてもらいます。インドネシアに来る前に動画や写真は見ていますが、実物を見てきちんと細かい所まで確認し選別を行います。動画や写真だと素晴らしくても実際見るとガッカリってパターンが多い為です。


まずはダトニオのショートです。ランクごとに別けられています。ある程度小さい時から選別を繰り返しグレード分けされています。サイズが小さいのとランクごとの差がまた微妙だったりします。正直考えていたサイズよりも少し小さく今回は無理をするのをやめました。全数で150匹前後のショート群でした。


赤ヒレなら食べれるサイズですが、メダカはまた苦しいサイズだという判断です。価格も上がっているのも原因ですが、1匹でも落とすと販売が難しくなると思いました。ハイリスクって判断です。期待して頂いたお客様には申し訳ありませんが、もう少し成長を待ちたいと思います。


①大き目のショートは選別しました。これは尾ビレが詰まっているタイプです。


②このサイズであれば金魚もメダカも捕食できます。価格も頑張って交渉しました。


③残念ながら反対側は4Barですが、体高もあってなかなかいい形しています。


④生まれつきヒレがない個体なども小さい時から選別され大きく大切に育てられています。


⑤この個体は顔がひょっとこみたいでした。餌を捕食できるのかな?って思いましたが、このサイズまで大きくなっているので大丈夫だと判断しました。


こうやって見てみるとダトニオじゃないみたいです。売れなかったらラフレシアでペットで大きくします。


他にもプラチナのエンドリケリーも選別しました。ラフレシアでは久しぶりの取り扱いになります。


とりあえず大きい個体から10匹ほど選別しました。入荷したらメダカ漬けにしてガンガン大きくしますね。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


RAFFLESIA

アジアアロワナ専門店ラフレシア

341-0044
埼玉県三郷市戸ヶ崎3124-12
048-955-7000

12:00~20:00
定休日 月曜日
http://www.arowana.jp/

カテゴリー

Count per Day

  • 935295総閲覧数:
  • 622934総訪問者数:
  • 33今日の訪問者数:
  • 133昨日の訪問者数:
  • 149一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: