アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • クリアファイル(赤メタ)プレゼント開始いたしました。

    現在、ラフレシアのクリアファイルの赤バージョンをプレゼント中です。前回同様、メタリックで制作しています。角度が変わるとキラキラしていていい感じです。そんなラフレシアのクリアファイルですが、店頭&通販で商品代金¥3,000以上お買い上げのお客様にもれなくプレゼントしております。[...]

    続きを読む
  • アロワナライブ 取材&原稿執筆

    アロワナライブVOL.5の取材がありました。アロワナライブも早いもので創刊号から5年が経つんですね。アクアライフ&アロワナライブ編集長の山口氏とカメラマンの橋本氏です。毎回カメラマンは橋本氏で原稿などの打ち合わせは編集長と行っています。お二方とも20年来のお付き合いです。撮影する[...]

    続きを読む
  • METAL RED F4画像掲載いたしました。

    新しく入荷したメタルレッドF4の画像を掲載いたしました。この個体群はポンティアナで養殖、選別され日本向けに育てて頂いていたメタル達で、顔つきや体型、ヒレの大きさを重視し育てられた個体達です。今回の育成&選別ですがポンティアナのヒヤン氏、ジャカルタのジミー、そしてその中よりラフレシアが選別を行[...]

    続きを読む
  • 新しいペン型タイプのPH計の取り扱いを開始いたしました。

    新しく取り扱いを開始したペン型のPH計です。正直デザインは今風ではないですが、¥2,600(税込み)と安い事、従来の物よりも反応が早く安定する事、バックライトが付いていて確認がしやすい事が最大の特徴です。ペン型のPH計は持ち運びが容易なので複数の水槽のチェックに優れていますし、セ[...]

    続きを読む
  • アルビノペアリング実験のご報告

    現在アルビノの過背金龍の腹部が大きく、卵を持っていると確信しているのでペアリングを行っています。小さい時からこのサイズまで育て、すでに8回産卵させていますので、卵を持っている事はまず間違いないのですが、ペアリングに四苦八苦しています。複数のオスとペアリングをしていますが、代表的な[...]

    続きを読む

アーカイブ: 2015年11月

白水槽設置


白水槽
店内にあった90cmのキャビ水槽を撤去して1300の白水槽を設置いたしました。
カンテツの田崎社長とお話ししていて勢いで作っちゃったので、現時点で入れる個体は考えていませんが、2750から水とろ材を拝借していつでもアロワナは投入出来る様に準備しています。

白水槽
ラフレシアでは始めての設置となるコーナーカバーですが、なかなか使い勝手も良さそうです。
こうなるとすぐにでもアロワナを入れたくなっちゃいますが、白水槽なので入れる個体も選ばなきゃならないので、ゆっくり考えて導入したいと思っています。

PS.卵を咥えているオスですが、現在のところ特に大きな問題は無さそうです。こちらも何か変化がございましたら、またブログ等でご報告させて頂きます。


アルビノ過背金龍産卵動画



アルビノ過背金龍の産卵の瞬間動画を撮影してみました。

youtubeにもアップしていますが、ここに掲載した画像が一番高画質です。

ちょっとポジション的に隅の方での産卵だったのが残念ですが、産卵の瞬間は納められたので良かったです。
産卵は早朝5時30分でしたが、営業時間外に産んだのは5年ぶり位です。

産卵後オスが卵を咥えていますが、咥えきれない卵はメスも咥えます。しかし、メスは長期間卵を咥える難しいのか高確率で噛み砕いてしまいます。今回の産卵ではメスの産卵数が多く、オスが苦労しているのがわかります。

卵を咥えるオスのアロワナ
まだまだここからが大変なのですが、とりあえずはOKと言った所でしょうか・・・・。

オスもメスもご苦労様でした。


そろそろ産みそうです。


IMG_2510
ペアリングを行なっていたアルビノ過背金龍×過背金龍ですが、そろそろ産卵しそうです。
この組み合わせだと上手くいっても99.99%黒目のヘテロが産まれますが、この組み合わせが一番成功確率が高いと判断致しました。

IMG_2481
後方から撮ったアルビノの肛門部分。
ここまでくるといつでも産める状態なので、逆に産卵を止める事は出来ません。
早ければ1時間、遅くても12時間以内といった所でしょうか・・・・。

IMG_2507
この角度からならどの位膨れているか分かり易いですが、左右で非対称に膨れています。これは腹部にも同じ事がいえます。繁殖を狙われている方には参考になる画像だと思いますが、この画像が撮影できるのは繁殖の過程の中でも短時間です。

動画も撮影する予定ですので、上手く撮影できたらまたアップ致します。

ではでは


メタルレッド F4


metalred
新しく入荷したメタルレッドのF4です。
白水槽に入っている割には良い感じで赤く発色してくれています。後方のヒレの大きさも体長に対し大きいですし、なかなか良い感じなんじゃないかと思います。

メタルレッド
鱗の中まで発色がジワジワ進んできていますが、第一鱗框位で綺麗に縁取ってくれればバランスももっと良くなると思っています。

IMG_2401114
目の縁にも赤く発色していますが、この辺がスーパーレッドの不思議な所ですね。
ここの発色などを見ているとスーパーレッドってまだまだ解明されていない事が多いのだと認識させられます。

エラブタの赤が目の縁にはみ出しちゃった感じですが、ここが全部赤くなったら凄いのになぁ~と思って写真切り取ってみました。

PS. 手抜きブログですみません・・・。

ではでは


メタルレッドF4 ミドルサイズ


1-(8)
今回入荷したメタルレッドF4の撮影をしてみました。
このサイズまでインドネシアで育ててもらっていて、色も良い感じになってやっと入荷できるようになりました。

2-(29)
この個体達は15cm位の時からずっと見ていたので、やっとここまで来れたかぁ~って思いが強いです。
待ち時間が長かったのですが、こうやって無事にラフレシアの水槽に入れる事が出来て個人的にムチャクチャ嬉しいです。

3 (4)
アロワナは成長に伴い、大きくなると多少の粗が目立ちます。
目が垂れたり、アゴがずれたり、ヒレが飛んだりといった感じで・・・・。

4 (18)
このメタルのミドルサイズの選別時に最優先としたのは形や体型よりも「色」です。
濃く、広く、強く、厚く、赤くです。

7-(56)
ディナミカカプアスはアロワナの養殖場ですから、生産が最優先です。

今回の個体達みたいに「育てる」といった作業は、本来は養殖場の役割ではないとも思っています。
次から次へと生まれてくるアロワナをいかに出荷するかが本来の役割の筈です。

4 (1)
変な例えですが、農家の役割は野菜を作る事で美味しい料理を作る事ではないのだと思います。
しかし、採算無視でこちらの要望に答えてくれたジミーには大変感謝しています。

5 (5)
通常のF4の価格と同じと言う訳にはいきませんでしたが、皆さんに見て頂いておっ!っと思って頂ける個体なのではないかと考えています。

勿論、好き嫌いや好みもありますので賛否両論だとは思いますが、ラフレシアとディナミカが2年かけて試行錯誤してきたメタル達です。
注:2歳魚って意味じゃないですよ(笑)。

好きだなぁ~って言って頂けたり、あまり好きじゃないなぁ~とかあるとは思いますが、一つのバリエーションとしては面白いんじゃないかと考えています。皆様のご意見を聞きながら、今後もより喜んで頂けるアロワナをお届けできる様に頑張りたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。