アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • ロングフィン・エンドリケリー

    バックヤードで飼育しているロングフィンのエンドリケリーです。店頭にも何匹か展示しておりますが、バックヤードの個体達は常に満腹状態なので成長も早くヒレも良い感じです。全長約40cmですが、胸ビレ、背ビレ、尾ビレ、腹ビレと各ヒレが異様に長くヒラヒラしています。日本への入荷量はまだ少な[...]

    続きを読む
  • 冷凍ドジョウ取り扱い開始いたしました。

    冷凍ドジョウの取り扱いを開始致しました。冷凍ドジョウはアロワナやエイ、エンドリケリーなどにも重宝する餌で、栄養価も高く保存も楽なので当店でも一部の個体の育成に使用しています。生きたままを急速冷凍していますので鮮度も良い感じです。捕食する個体に対し大き過ぎる場合は半分に切ったり[...]

    続きを読む
  • HealRich株式会社様に納品&取材をしてまいりました。

    HealRich株式会社様にメタルレッドの納品&BIG FISH MAGAZINEの取材にお伺いいたしました。アロワナライブVOL.5をお読み頂いたお客様はご存知かと思いますが、HealRichさんはヒーラー(デュビア)を養殖販売されていて今回色々とお話を伺ってまいりました。ヒー[...]

    続きを読む
  • 特大カラープロキロダス入荷

    水槽のコケ取りや残り餌掃除に人気の高いカラープロキロダスの特大魚が入荷いたしました。サイズは約35cmで、このサイズの入荷はなかなかございませんので、大きなアロワナとの混泳に探されている方も多いのではないでしょうか?餌は人工飼料のキャットもバクバク食べますので、飼育も楽だと思います。[...]

    続きを読む
  • 太り具合は横綱級

    当店のアロワナにお買い換え頂いたために、ブランド魚のスーパーレッドを下取り致しました。色は出ていませんが、上から見た時の太り具合は横綱級です。餌も良く食べる個体ですが、やり過ぎると背中を浮かせてしまったり、ひっくり返ってしまう事がありますので、ご注意ください。変わったアロ[...]

    続きを読む

アーカイブ: 2016年2月

アルビノ&過背金龍の混泳水槽



アルビノと過背金龍の混泳水槽に冷凍エビを与えてみました。
現在は11匹で混泳していますが、この数であれば冷凍エビでもカエルでも競って何でも捕食します。とにかく大量に与えていますので、殆ど毎日水替えを行なっていますが、また翌朝には糞でいっぱいになってしまいます・・・。フィシュレットか何かで対策しないと駄目ですね・・・。

アジアアロワナ専門店ラフレシアのyoutubeからの埋め込みコードで貼り付けていますが、携帯撮影でアップロードだと画質がちょっと厳しいですね・・・。
次回はきちんとビデオカメラで撮影してアップロードします。
youtubeからの読み込み時間があるので、少し表示が重くなってしまうのも改善させなきゃですね・・・。

まぁ~今回はテストと言うことでご了承下さい。

PS.3月5~6日は臨時休業となります。5~7日までの間は発送業務、メール等の業務も出来ません・・・。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。


にほんブログ村


産卵間近のメス


ペアリング
店内の2750水槽では30匹弱のアジアアロワナを混泳させていますが、毎日2匹で擦り寄る様子を見る事が出来ます。擦り寄っている個体もバラバラで、何度か産卵しているメスもいれば、一度も産んだ事のないメスの場合もあります。

画像の奥の個体がオスで繁殖に2回成功していますが、手前の個体は産んだ事もありません。このまま産卵して咥える可能性もありますが、多くの場合は産んだ瞬間に他の個体に卵を食べられてしまいますし、産卵しても子孫を残せないと判断するとそのまま産まない事も多くあります。

過背金龍
この個体も今まで産んだ事が無いメスですが、現在卵を持っています。腹部もかなり大きくなっていますので、相性の良いオスとペアリングさせれば、産卵までそれ程時間はかからないと推測されます。初産卵のメスは少し時間がかかりますが、タイミングさえ合えば1~2週間以内と言った所ではないでしょうか・・・。

IMG_6985
この角度だと腹部の膨らみが良くわかります。パンパンに膨らんだといった感じではなく、ふっくらしたといった表現の方が正しいと思います。卵は最初腹部で少し膨れた後に肛門付近に移動してきます。そして産卵前に肛門部分が大きく広がり産卵に至りますが、このメスはかなり卵が下がってきた状態になります。

最近多くの方からアジアアロワナの繁殖についてのご質問を頂きます。基本的な事からハイレベルなお話しまで様々ですが、多くの方が繁殖に挑戦されているのを嬉しく思います。「アジアアロワナの繁殖は難しい」とお考えになっておられる方が多いと思いますが、実際はそれ程繁殖の難しい魚ではないですし、基本的な事は全て親任せなので比較的繁殖の簡単な魚であると思います。

混泳でアロワナ飼育を楽しんでおられる方も多いと思います。是非、「繁殖は難しい」とお考えにならないで挑戦して頂けたらと思っています。分からない事などございましたらお気軽にご連絡頂ければ、出来る限りのお話をさせて頂きたいと思います。

頑張って下さい。

PS.3月5~6日は臨時休業となります。5~7日までの間は発送業務、メール等の業務も出来ません・・・。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。


にほんブログ村


アルビノへテロ最終報告(2016/02/20)


アルビノへテロアロワナ
年末に産まれた6匹のアルビノへテロ最終報告です。
現在も順調に成長し、14cmまで大きくなりました。餌はメダカを腹パンパンになるまで食べますし、来月には小赤も捕食できる位の感じです。メス親はアルビノの過背金龍ですが、アルビノから産まれたなんて全く分からない容姿をしています。

アロワナ登録票
そんなヘテロ達の登録票が交付されました。
これでやっと一段落がついた感じで、あとは喧嘩しない様にこのまま大きく育てていけばいいので、少し気が楽です。

国産アジアアロワナ
通常アジアアロワナの登録票のこの部分にはインドネシア、マレーシア、シンガポールのいずれかの原産国が記載されていますが、国産のアジアアロワナの場合、親の登録票の番号が記載されます。

早いものでメス親であるアルビノも今年で10歳になりました。輸入後、小さかった時は毎日ドキドキしながら飼育していたのを思い出します。10年で幾度となく拒食になったり、病気になったりもしました。この先いつまで産んでくれるか分かりませんが、思い入れのあるアルビノですので、この先もずっと長生きしてもらいたいと思っています。そして頑張ってもらったお礼としていつの日か国産のアルビノ過背金龍を繁殖させたいと考えています。

今後ともよろしくお願い致します。


にほんブログ村


台湾版プラタパッド


プラタパッド
日本国内では販売予定の無い、台湾版のプラタパッドを入手致しました。
画像では分かり難いですが、表紙が透明なカバーになっていて新鮮です。

プラタパッド台湾版
当店の繁殖記事を掲載して頂きました。
台湾では繁殖に挑戦する方が多いらしく、繁殖関連の記事は人気が高いとの事でラフレシアを取り上げていただきました。まだまだ成功された方は少ないらしいですが、今後ドンドン増えると良いですね。

プラタパッド台湾版
矢羽紋龍の名前は初めて聞きましたが同じ個体を当店も保有していて、僕の知る範囲、同腹の兄弟魚の筈です。昔インドネシアで4匹だけ産まれた特殊個体です。台湾に2匹、ラフレシアに2匹入荷しています。
ラフレシアのアルビノも2個体掲載されています。

プラタパッド台湾版
これも当店でストックしているスーパーレッドです。
数ある中からこの個体を選んで掲載して頂いたのは嬉しいです。体高があり、ヒレが大きな個体です。雑誌初デビューです。

今回のプラタパッドを少数ですが入手しショッピングカートに掲載致しましたので、ご興味がある方は是非ご購入下さい。在庫が無くなり次第終了予定です。残念ながら全て中国語表記ですのでご注意下さい・・・。

台湾版プラタパッド2015冬季号はこちらから


にほんブログ村


産んじゃいました・・・。


混泳水槽での産卵
店内の2750水槽が真っ白に濁ってしまいました・・・・。
嫌な予感がしながら水槽に近づいてみると、案の定メスが混泳の中で産卵しちゃったみたいです。

アロワナの卵のかけら
産み落とされた卵は他のアロワナの餌食になった様で、底面には卵のかけらが産卵していました。
2匹で擦り寄っていたのは知っていましたが、放置していたらご覧のありさまです。さすがに30匹も入っていますので、ここで卵を咥えるのはちょっと難しいですね・・・。


にほんブログ村