アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

アーカイブ: 2018年11月6日

ペアリング方法によるメリット、デメリット



アロワナを繁殖させる時に用いている方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は混泳で飼育し、その中でメスの卵が大きくなるのを待つ方法と、オスメスだけで卵が大きくなるのを待つ方法です。簡単に言えば混泳で卵を大きくするか、2匹で卵を大きくするかと言う事です。

基本、ラフレシアでの繁殖方法は前者の混泳で卵を大きくする方法を用いていました。繁殖を長年やってきてこの方が自分に合っていると思っていたからです。この方法のメリットは混泳で飼育するので水替えや餌、使用する水槽の本数も1つで済みますので管理が楽な事です。デメリットはきちんと観察をしてタイミングを見計らうタイミングが難しい事です。

長年、ラフレシアのブログ等を読んで頂いている方にはお馴染みかと思いますが、「ペアにしました。」「産みました。」の2つのステップが短期間であると思います。これは産卵を見計らって2匹を分けて産卵させているからです。


現在はアルビノ系列のみで繁殖を試みていますが、ペアリング方法も後者に変えています。この方法のメリットは手間がかからない事と観察をする時間が大きく削れる事です。言い換えれば楽って事です。2匹が大きな喧嘩さえしなければ放置をしておけます。デメリットとしては産卵をコントロールし難い事で、産卵がアロワナ任せになってしまう事です。

いずれもメリットとデメリットがあり繁殖を狙われている方のライフスタイルや時間と手間、飼育匹数や飼育水槽などでもやり方が異なってくると思います。僕の場合、体力と時間が許すのであれば観察をしてタイミングを合わせる方が合っているとは思っています。仕事でアロワナに関わっていますので、1日の多くを店で過ごし、帰宅して監視カメラで何時間も観察する事も苦と感じないからです。

ただ、今行っているオスメスごとに2匹で飼育するスタイルが簡単なのは事実なので、もう少しこの方法を掘り下げようと奮闘しています。まだ大きく得るものは何もありませんが、いい方法が見つかれば2匹のペア水槽を5本管理する事も出来ると思っています。より簡単により確実に出来るように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


Count per Day

  • 627706総閲覧数:
  • 87今日の閲覧数:
  • 463昨日の閲覧数:
  • 429885総訪問者数:
  • 69今日の訪問者数:
  • 273昨日の訪問者数:
  • 496一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数: