アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • RIP.Henrie

    Wajokのヘンリーさんがお亡くなりになりました・・・。ディナミカカプアス、ビンタンカルバー、サンバルジャヤサクティーなどと共にインドネシアのアロワナ養殖の基盤を作られたとても偉大な方です。ヘンリーさんとの取引は数回でしたが、僕にとっては神様みたいな方です。 [...]

    続きを読む
  • 【台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ】

    【台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ】台風19号接近に伴い、10/12(土)は臨時休業とさせて頂きます。12日はメールの返信、電話応答、発送等の業務も全てお休みとなります。お客様にはご不便をおかけ致しますが、予めご了承ください。↓ブログランキングに参加しています。[...]

    続きを読む
  • SUMO REDを撮影&掲載致しました。

    多くのお客様にお問い合わせを頂いております、SUMOを撮影しショッピングカートの方に掲載致しました。SUMOは文字通り相撲の力士の如く成長するとがっちりした体型になるユニークなアロワナです。幼魚時はそれ程大きな特徴がある訳ではありませんが、ぷっくりとした喉元が特徴的です。輸入後、水に[...]

    続きを読む
  • 少しお時間を頂いています。

    現在ヤマト運輸の送り状発行システムにトラブルが発生していて、送り状の印刷ができない状況にあります。データ保存中に落ちたり、強制ログアウトや印刷時のログアウトなどの症状が出ています。しかし全く印刷できないのではなく、昨日は1.5時間に1枚位のペースで印刷できる場合があり、1日パソコンと向き合っていまし[...]

    続きを読む
  • ショートとユニコーンのダトニオを掲載致しました。

    ショートとユニコーンのダトニオをショッピングカートに掲載致しました。近年はショートを含むダトニオの変異種も高騰しているのですが、交渉して比較的安値で出してもらえました。現在は小赤を中心に与えていますが、出来る限り冷凍エビ、冷凍ドジョウを食べる様に慣らしていいく予定です。ユニコーン[...]

    続きを読む

アーカイブ: 2019年6月

ガーの規制って結局はどうなの?



先日ネットニュースでアリゲーターガーの捕獲に関する記事が出ていた。この他にもたまに「〇〇川でガー捕獲」とかも残念ながら良く耳にする。
以前に書いたガー規制に関するブログはこちらから

ガーの放流に関しては業者を含むアクアアリストの責任である事は間違いない事ではありますが、平成30年4月の規制の方法がどうなのかは未だに疑問に思っています。

何故ガーを放流するのか?って事を考えてみると、水槽や餌、電気代などのコストなどの面で飼いきれない。引っ越しやお子様が出来たから水槽を減らす方もいらっしゃっるでしょう。勿論、飽きたから飼い変えたい。大きくなり過ぎた。など理由は様々だと思います。逆に規制時に申請していないからって方もいらっしゃるかもしれません。でもここまでは規制前に簡単に予測できた事だと思います。

規制から1年経ってやはり感じるのは、「まずは輸入を止めて日本にこれ以上のガーを増やさないが、販売は認める。」ってのがベストだったと思います。規制前に乱売されたのも事実なので、衝動買いした方も多かったでしょうし、買い逃した方も多かったと思います。

しかし、あの時に販売は認めていたら今どうなっていたでしょう?僕は希少性から価格はかなり上がっていたと予想します。仮に3000円で店頭販売されていたガーがいたとしたら、今販売出来るなら10,000円にはなっていたんじゃないでしょうか?5年後は30,000円、10年後には100,000円位になっていてもおかしくはありません。もしその予想が当たっていれば、年々希少価値で価格が上がるガーを、法を犯してまで放流するでしょうか?勿論、絶対にないとは言い切れませんが、ショップやマニア間での販売で流通し放流される数は激減すると思うんですけどね・・・・。で、結果的に密放流が無くなる、在来種も守れる。買えなかった人が入手できる。飼いきれなかった人が手放しながらお金をもらえる。その取引間に入ったショップも利益が出る。どこにマイナスがあるんでしょうか?

一度決まってしまった規制が簡単に変わるとは思っていませんが、販売を認めるのは実は今からでも遅くないんじゃないかなと思います。だって年々ガーは大きくなっているんですからね。誰も好き好んで放流をしている訳ではないんだと国にも分かって欲しいです。アクアリストの勝手な言い分なのかもしれませんけどね・・・。

ではでは

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。



0489557000


「G20サミット」に伴う交通規制の影響


「G20サミット」に伴う交通規制の影響によるお届けの遅延と一部サービスの中止について

大阪市内で「G20サミット」が開催されることに伴い、大阪府内で大規模な交通規制が行われる影響で、6月27日(木)から7月2日(火)頃まで、関西地方の一部地域がお届け先または発送元となる荷物のお届けに遅れが生じる可能性があります。この影響で、下記の地域で一部サービスを一時的に中止いたします。なお、交通規制の状況等の影響によっては対象地域以外でも遅れが生じる可能性があります。
お客さまにはご迷惑をおかけしますが、あらかじめご了承いただきますようお願い申しあげます。


対象地域
大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)
全国から対象地域宛ての荷物
(1)
宅急便の「お届け日指定」ならびに「時間帯お届けサービス」の中止
対象地域宛てで、お届け予定日が6月27日(木)から7月2日(火)までの荷物は、お届け日指定ならびにお届け時間帯の指定はお受けすることができません。
(2)
荷受けを中止するサービス
全国から対象地域宛ての「クール宅急便」「宅急便タイムサービス」は、一時的に荷受けを中止します。対象となる期間は、発送する地域によって異なります。

 
↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。



0489557000


ロングフィン・エンドリケリー赤字特価販売です。



在庫しているロングフィン・エンドリですが、在庫数が多いので匹数限定で赤字特価にて販売させて頂きます。当店でも同ロットの個体で産卵しましたので、成功こそしませんでしたが繁殖も狙っていける個体達だと思います。

ロングフィン・エンドリケリー NO.11  ¥50,000(税込み) 売約済み


現在は輸入量も少ないので貴重なサイズの個体だと思います。個体入れ替えの為に全力赤字にて販売させて頂きます。

ロングフィン・エンドリケリー NO.10  ¥50,000(税込み) 売約済み

PS.正直仕入れ値は笑っちゃう位の金額でした・・・。個体名をクリックして頂けるとショッピングカートへ飛びます。是非ご検討宜しくお願いいたします。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


アルビノ過背金龍を掲載致しました。


アルビノ過背金龍
アルビノ過背金龍 NO.2(アクアリーダー産) 全長約13cm
¥1,250,000(税込み)

販売中のアルビノ過背金龍2匹を撮影&掲載致しました。この個体は入荷したばかりですが、餌はメダカを1日5匹、オヤツに冷凍エビを剥いて1匹与えています。餌食いも順調なので、成長も早いですし飼育も楽かと思います。目の色素が濃いですが成長と共に変化いたします。完全完品のベビーサイズです。


アルビノ過背金龍 NO.1(アクアリーダー産) 全長約30cm
¥1,300,000(税込み)

前回入荷した個体ですが、餌はツメガエルとコオロギ、オヤツに冷凍エビをバクバク食べています。入荷時より片目が少し垂れていますが、それも気にならない位のオーラを放つ個体です。

一時期はアルビノの入荷もある程度あったのですが、現在は入荷数も少なくなってしまっています。現在アクアリーダーでもベビーサイズをストックしていない為にこれ以上年内の入荷は難しいと思われます。

PS.アルビノをお買い上げ頂き3歳を超えた健康な個体であれば、ヒレや目垂れ、鱗などに問題があっても新しいアルビノと無条件で交換させて頂きます。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

アルビノ過背金龍の販売ページはこちらから

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ヘテロ現状報告(2019/06/20)



一番太い血管から卵全体に毛細血管が張り巡らされているのが確認できます。今までの経験上この血管が太く多い方が成長も早く、アロワナが健康に育つと考えています。ただこれは僕がどうこう出来るレベルの話ではなく、産卵前の親の管理と水質の管理をしっかり行う以外手がありません。鱗はまだ出来上がっていませんので、身体は半透明ですが頭部に薄っすらと黒い色が出始まりました。この時期は心臓に血が流れて出て行く様子も確認できるのでとても神秘的です。


人工孵化の最大の難関はオスの口の中を再現する事ですが、この調整は卵の状態や時期により常に微調整を行う必要があります。営業中は魚の世話をすることが容易にできますが、夜中は定期的に店に出て水流や卵の状態をチェックし調整する必要がある為に寝不足と不規則な生活を強いられます。卵を取り出してから今まで5時間以上目を放していませんが、ここは体力勝負になるので今後改善させる必要があります。

この卵は店内にありますので、ご来店頂き可愛い子たちを見てあげてください。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


RAFFLESIA

アジアアロワナ専門店ラフレシア

341-0044
埼玉県三郷市戸ヶ崎3124-12
048-955-7000

12:00~20:00
定休日 月曜日
http://www.arowana.jp/

カテゴリー

Count per Day

  • 803251総閲覧数:
  • 539718総訪問者数:
  • 185今日の訪問者数:
  • 282昨日の訪問者数:
  • 320一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: