アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • インドネシア1998年の暴動

    これは1998年のジャカルタポストの1面です。当時日本の新聞やテレビでも報じられたのでご存知の方も多いかと思いますが、スハルト大統領を退陣に追い込んだ民主化運動です。民主化運動って書くと聞こえがいいですが、新聞のトップにも書かれている”RIOT”。まさにインドネシア国民の大暴動でした。あ[...]

    続きを読む
  • アルビノ産卵最終報告

    アルビノの卵を咥えていたオスのヘテロですが、本日卵を咥えていない事を確認いたしました。仮に今回この組み合わせで成功していれば、確率上では半分の50%がアルビノだっただけに残念な結果です。しかし、当初の予想取りであったとも納得もしています。原因は様々ですが、1番はオスの未成熟だと考えていま[...]

    続きを読む
  • アロワナVS人工孵化(アルビノ産卵中間報告)

    アルビノの卵を咥えた2歳のオスの過背金龍、咥え残した卵の人工孵化とで様子を見ていましたが、人工孵化の方の卵は全て腐りました・・・。大きな原因は24時間監視、管理するのが不可能な事で夜中に腐った卵が連鎖的にダメになってしまいました。オスの方は口は大きく膨らまし平気な顔で卵を咥えています。し[...]

    続きを読む
  • キングショートを掲載致しました。

    スーパーレッドのキングショートを撮影し直し、ショッピングカートに掲載致しました。餌はメダカを食べるだけ与えて飼育していますが、もう少し大きくなれば後方も体高がで始まりかなり可愛い個体になると思います。基本的には高値で取引されるキングショートですが、ディナミカカプアスのジミーがラフ[...]

    続きを読む
  • ショッピングカート復活しました。

    ラフレシアのショッピングカートの不具合ですが、ほぼ修復できました。windows10に搭載されているMicrosoft Edgeで画像が上手く表示されなかったり、カテゴリーが機能しなかったりと言った不具合も改善されたと思います。長い間ご不便をお掛け致しました。PS.「まだここがお[...]

    続きを読む

色彩変異のダトニオのご紹介

この記事は約56秒で読めます



ストックしている色彩変異のダトニオのお問合せが多かったので、まとめて掲載いたします。
この個体はラフレシアに初めて入荷したオレンジ色のゴールデンでパロットファイヤー並みのオレンジ色をしています。白色蛍光灯下で撮影時を行っていますので、これが水槽に入って熱帯魚用のライトで照らすとさらに濃いオレンジ色に見えます。


この個体は一番最近入荷した個体ですが、入荷後色合いが濃くなって来た為に、上記のオレンジに近い色彩になると予想しています。特に背ビレと眉間が濃く変色してきています。


こちらは明らかに白ベースのダトニオで、アロワナで言う所のスケルトン、透明鱗と同じ扱いの個体になります。


こちらも白ベースのダトニオで、徐々にバンドが消失してきています。日によって黒化したり白くなったりを繰り返していますが、最終的には白化してくるタイプです。

ご存知様にダトニオは養殖が確立されておらずワイルドしか流通していないので、特殊個体もなかなか入手が難しいのが現状です。現在保有しているこの4匹を育てながら様々なダトニオの色彩変異のパターンを勉強したいと思っています。

また成長して変化が出て参りましたら、ブログ等でご紹介したいと思います。

ではでは

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


関連記事

Count per Day

  • 2009現在の記事:
  • 642343総閲覧数:
  • 100今日の閲覧数:
  • 305昨日の閲覧数:
  • 439052総訪問者数:
  • 85今日の訪問者数:
  • 222昨日の訪問者数:
  • 234一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: