アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

環境省作成のガー規制のチラシが来た。

この記事は約1分16秒で読めます



環境省から特定外来生物規制開始のチラシが配布されました。
これで当初の予定通り、平成30年4月からガーの規制が開始される事で決定した事になります。大型魚好きとしてもショップとしても複雑な心境です。来年にはショップ等の店頭からもガーが消える事になり、許可を受けたショップ&飼育者、水族館でしかガーを見る事が出来なくなります。


確かにガーの放流は日本固有の生物を捕食しますし大きな問題だとは思いますが、規制の方法にはいまだに疑問を感じます。環境省にも電話をかけて意見を言わせて頂きましたが「参考にします。」の言葉だけで正直相手にされなかったのは悔しい想いでいっぱいです。

なぜ、全面的の規制なのかが分かりません・・・。とりあえず、輸入を規制するだけでも良かったのでないかと思います。これだけ日本に居るガーの移動と販売を規制すれば必ず密放流は行われます。輸入を止めて移動を規制しなければ、ガー自体の価値が上り本当に飼育したい方へとガーが集まると考えています。


規制の話が持ち上がってから、日本のガーの輸入量は3倍近くになりました。当然売れ行きも3倍になったと言う事です。安いから、とりあえず買っておこうって動きにもなります。規制前に入手しようとなるのは当たり前です。環境省はこの3倍になったガーの流通量は規制発表が原因だと認める必要があるのではないでしょうか?!

勿論、業者を含む全てのアクアリストが招いた結果であるのは事実ですが、この規制のあり方には疑問を感じてなりません。もう少し方法があったのではないか、アクアリストの意見なども聞き入れるべきだったのではないかと思います。

以前のブログ「ガーが飼えなくなる日・・・・。」も併せてお読み頂けると嬉しいです。

PS.いつも「いいね」&バナークリックありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


関連記事

Count per Day

  • 2022現在の記事:
  • 596601総閲覧数:
  • 77今日の閲覧数:
  • 488昨日の閲覧数:
  • 412408総訪問者数:
  • 68今日の訪問者数:
  • 304昨日の訪問者数:
  • 459一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数: