アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

ヒーター&サーモの点検を行ってください。

この記事は約1分16秒で読めます



10月になり、夜は冷え込むようになってきました。

この季節になると毎年数人のお客様から「ヒーターが切れてアロワナが死んでしまった・・・。」と残念なお話を聞きます。多くはヒーター切れで水温低下に気がつかず、死んでしまうケースです。水温計を使用されていない方は、水替え時にヒーター切れが発覚する事も多く、トラブル発見に時間がかかってしまいます。

通常30℃で飼育しているアクリル水槽でヒーター切れになると、真冬の24時間で15~16℃位まで水温は低下します。これはアロワナがギリギリ生きていられる水温で、多くの個体が底面に沈みじっとして動けなくなります。アロワナは強い魚ですので、この水温でも死ぬ事は少ないですが、これ以下に下がると死ぬリスクが急激にあがります。呼吸が荒くなったりもしないので、アロワナの飼育に慣れている方は「今日は沈んでるなぁ~」位にしか感じない事も多い事でしょう。


その様なトラブルを防ぐ為にも寒くなる今の時期にヒーターがちゃんと機能しているかを確認する必要があります。実際に水温が30℃あっても2本の内の1本が切れている事もありますので、ちゃんと2本が動いているか確認してください。

当店では24時間空調で温度をある程度確保していますが、1800以上の水槽には全て画像にあるヒーターとサーモスタットのセットを使用しています。

ヒーターは空焚き防止機能付きで鉄製のヒーターカバーがついているプロテクトプロヒーター500wを2本セット。サーモスタットは異常水温警報付きのシーパレックス1000です。

大切なアロワナの為の保温設備を今のうちに是非点検してみて下さい。

今回ご紹介したサーモ&ヒーターは下記ページで販売しております。
シーパレックス1000
プロテクトプロヒーター500w

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


関連記事

  1. 2017.05.16

    書籍・・・。

Count per Day

  • 949現在の記事:
  • 554822総閲覧数:
  • 171今日の閲覧数:
  • 276昨日の閲覧数:
  • 383007総訪問者数:
  • 116今日の訪問者数:
  • 227昨日の訪問者数:
  • 231一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数: