アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

僕がディナミカ・カプアスを好きになった理由

この記事は約1分44秒で読めます



皆さんはこの書籍をご存知でしょうか?1995年に発刊された「ダブルドラゴン」というアロワナ専門誌です。24年も前の書籍なので、ご存じない方も多いかと思いますが、当時この本を見て多くのショップやアロワナマニアが釘付けになりました。僕も繰り返し何度も読んで胸を熱くしたのを思い出します。

残念ながらダブルドラゴンはすでに廃盤でオークションや古本屋等でしか入手できないと思いますが、もし見かける機会があれば是非入手して頂きたい書籍です。


題名にもある「僕がディナミカ・カプアスを好きになった理由」がこの2冊のダブルドラゴンに詰まっています。まずはダブルドラゴン1には多くの紅龍が登場しますが、綺麗な写真と詳しい解説、そのほとんどがディナミカカプアスのスーパーレッドでした。詳しく言及するのは避けますが、当時ディナミカカプアスのスーパーレッドは特殊なルートでしか日本に入荷する事はありませんでした。


ダブルドラゴン1ではディナミカカプアスの名前で紹介されていなかったのですが、ダブルドラゴン2ではディナミカカプアスの養殖場が大きく取り上げられています。ダブルドラゴン1で凄いアロワナを見て感動し、ダブルドラゴン2でそれを養殖していたディナミカカプアスのヒヤンさんに憧れました。

今でも思うのですが、皆さんは養殖場を経営しているオーナーが自ら池に入り、アロワナの採取を行っているのを見た事がありますか?僕の知る範囲、養殖場のオーナーが自ら池に入り泥だらけで仕事をしているのはディナミカカプアスのヒヤンさんとアクアリーダーのポール、カワンセジャティーのエンパンさんしか知りません。多くのオーナーは池の上からアロワナを眺めている所を写真に撮られていませんか?勿論、池に入らなければいけないって訳ではありませんが、僕はそれだけアロワナが好きな養殖場のオーナーなんだと強く感じるんです。だから僕はヒヤンさん、ポール、エンパンさんとは直接会って、話して輸入してって事を繰り返しています。


そんなヒヤンさんも現在は引退で隠居生活ですが、24年前ダブルドラゴンで憧れていた人とその息子ジミーと今でもアロワナの取引を続けている事に喜びも誇りも感じています。


アロワナの話を何時間も熱く語り、池に入ればカッコよく、時には頑固で怒りだすアロワナ職人ヒヤンさん。そんな頑固なヒヤンさんの養殖するアロワナ、ディナミカカプアスが僕はとても好きなんです。なんとなくでも皆さんにも伝われば嬉しいです。

PS.大変申し訳ございませんが、5/19(日)は臨時休業となります。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。


アロワナランキング

0489557000


関連記事

Count per Day

  • 1087現在の記事:
  • 728646総閲覧数:
  • 48今日の閲覧数:
  • 272昨日の閲覧数:
  • 493255総訪問者数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 204昨日の訪問者数:
  • 216一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: