アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

スマトラ島の煙害

この記事は約59秒で読めます


インドネシア空港
この時期になると毎年の恒例なのですが、インドネシアでスマトラ島の火事による煙害が大きな問題になっています。スマトラ島で森林を伐採して、そこに畑等を作る為に木を燃やしている為です。
「伐採した木は運び出しちゃえば良いのに・・・。」とも思いますが、重機を使って運び出すよりもそこで火を着けて燃やしてしまった方がコスト的に安いので、この様な方式が用いられています。

上の画像はジャカルタの空港ですが、離陸にも大きく支障がでるほど視界を遮ってしまっています。

シンガポールでの煙害
そう言えば前回シンガポールに行った時も霧の様に街を覆っていました。数百キロも離れているマレーシア、シンガポールでもこの防ぎ様のない煙に頭を抱えています。特にここ最近雨が少ない様でそれも大きく被害を広げてしまっている要因になっている様です。

ポンティアナ
インドネシアに話を戻します。
ディナミカカプアスではアロワナをポンティアナで養殖し、ある程度のサイズに育つとジャカルタのストックルームに空輸します。ここで先ほどの煙害が大きく影響してしまっていて、ポンティアナからジャカルタへの飛行機の欠航が相次いでおり、まともにジャカルタにアロワナを送れない状況になっているのです・・・・。

ディナミカカプアスのアロワナストック場
現在でも1,000匹以上のアロワナがストックされている様なのですが、この数が増えるかどうかは煙害次第と言う事になってしまっています。

雨が降れば状況は改善するとは思いますが、スマトラ島の煙がアジアアロワナのみならず東南アジアの経済全体に大きく影響しているというお話しでした。

ではでは


関連記事

Count per Day

  • 209現在の記事:
  • 728646総閲覧数:
  • 48今日の閲覧数:
  • 272昨日の閲覧数:
  • 493255総訪問者数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 204昨日の訪問者数:
  • 216一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: