アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • LEDライト特価在庫処分

    LEDのマジックアロワナライトの特価での在庫処分をショッピングカートに掲載いたしました。90cm(レッド用、ゴールド用) ¥6,000-(税込み)12cm(レッド用、ゴールド用) ¥10,000-(税込み)画像はレッド用ですが、ゴールドは黄色味の強い色合いで金質を濃く演出[...]

    続きを読む
  • ダトニオのショート

    ダトニオのショートを撮影しショッピングカートに掲載いたしました。体型が分かりやすい様に手で押さえたのですが黒化してしまいました・・・。しかし、かなり詰まった体型で30cm位まで大きくするとかなりキュートな個体になる事は間違いありません。バンドはこんな感じでリアルバンドに届かずって[...]

    続きを読む
  • 3匹のプラチナブラックを撮影&掲載いたしました。

    入荷時は5~6cmでヨークサックをぶら下げていたプラブラですが、やっとこのサイズまで成長いたしました。小さい時は毎日冷凍赤虫を1日2回与え、小さい赤ヒレを食べさせてとやっとここまで育ったかぁ~って気持ちです。現在はメダカを順調に食べますし、サイズ的にも一番難しく危ない時期を脱したと考えていま[...]

    続きを読む
  • ビッグ・フィッシュ・マガジン

    年末にアロワナライブを発刊するMPJ社から「ビッグ・フィッシュ・マガジン(仮名)」が発売になります。大型魚専門誌でガー、ポリプ、エイなどを専門誌となる予定です。現在編集作業中との事ですが、どの様な内容の本になるか期待しています。勿論、アジアアロワナも掲載されるとの事ですので、そちらも楽しみで[...]

    続きを読む
  • プラチナエンドリケリーのご紹介

    在庫しているプラチナのエンドリケリーを撮影してみました。移した水槽が小さいので、ちょっと上手く撮れていませんが雰囲気だけでも伝われば幸いです。実は小さい時からコツコツ餌を与えて育てていた個体で、気が付いたら23cmになっていました。残念ながら変な言い方をすれば[...]

    続きを読む

アーカイブページ

群馬県T様のアルビノ過背金龍



群馬のT様よりアルビノ過背金龍の画像を送って頂きました。
頂いたコメントと共にご紹介したいと思います。

アルビノ過背金龍を購入時25㎝程度でしたが、約40㎝に成長しました。6列目も順調に光沢が出てきています。現在はカエルの他に人工飼料(レッドバルとボトムズ)にも餌付いているので栄養面はバッチリだと思います。特殊個体の飼育は少し不安でしたが特に問題も無く、人にも慣れ、水槽も大型ですのでこのまま成長してくれそうです。遠方ですが、またお店の方にも伺わせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

40cmはちょうど当店のアルビノのオスと同じサイズです。
現在は原産国でもあまりアルビノが流通していないので、なかなか目にする事もなくなっています。正直徐々に流通量は増えてくると予想していたので、ちょっと意外に思っています。需要と供給のバランスが全然取れていないアルビノですが、いつかはそこに参戦出来るようにラフレシアも頑張ります。

ではでは

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


ダトニオ・ショート


ダトニオのショート個体を撮影しショッピングカートに掲載いたしました。


NO.1  ¥68,000-
プラスワンのショートですが、自然な感じで短くなっています。尻ビレの形状に特徴がありノーマルとの大きな違いでもあります。背ビレをピンと立てた時に高さがあるのでカッコいいです。


NO.2  ¥98,000-SOLD OUT
リアルバンドのショートで尾ビレ付近がぎゅっと詰まっています。こちらも大きくなって体高が出てくればノーマルとは違う迫力のある個体になると思われます。


NO.3  ¥110,000-SOLD OUT
リアルバンドですが片側イレギュラーバンドでなかなかキュートな個体です。詰まり方もさらに短くこのまま太らせれば面白い個体になる事は間違いありません。餌は冷凍エビとメダカですが、メインを冷凍エビにしています。

ダトニオのショートは居そうで居ない希少種で中国やシンガポールなどでも人気となっております。シーズンオフでもある為に、現在は価格が高騰しております。今回掲載した個体はシーズン中に入手した個体なので、比較的リーズナブルですが現在仕入れるとこの価格での販売は難しいと思います。

ダトニオや珍種のお好きなマニアさんに是非お薦めしたいダトニオ達です。是非ご検討ください。

ダトニオ・ショートはこちらに掲載しています。

ではでは

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


小さな一歩は大きな一歩?!



アルビノの産卵でオスが咥えなかった卵を網で掬い上げ、他の水槽で育成しているへトロとアルビノのオスに卵を投入してどうなるか実験しました。予想では餌と間違って群がって食べてしまうと思ったのですが、なんとアルビノのオスだけが寄っていって12個の卵を咥えました。


このアルビノはまだ40cmにも満たない若い個体なので12個は口の大きさから考えると限界数で、これ以上は咥える事は出来ませんでした。しかし、10分以上様子を見ましたが頑張って卵を咥え続けたのです。

今までこの個体はオスであろうという推測でしかありませんでしたが、これでオスだと確信が持てましたし、数年後にはアルビノ繁殖計画の軸になると期待しています。今回のアルビノの産卵前にこの個体でのペアリングも考えていたので、卵を上手く咥える様子を見てアルビノ同士でチャレンジするべきだったかとも反省はしています。しかし、今回の実験で少しですが前進できた事は素直に喜びたいと思いっています。

今後とも頑張ってまいりますので、応援よろしくお願いいたします。

ではでは

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


アルビノ産卵(2017/08/01)結果報告



ペアリングを行っていたアルビノ過背金龍が産卵いたしました。この画像からもアルビノの肛門の膨れが良く分かると思います。この2匹でのペアリングはかなり長期間だった事を考えてもあまり良いペアであったとは言えないと考えています。前回もこの2匹でチャレンジし失敗していましたので、リベンジしたかったのですが、このオスはあまり繁殖に向かないのかなぁ~と考えています。


産卵の瞬間。今まで2匹で寄り添ってはいましたが、大事な時にオスがおらずアルビノのみでの産卵となりました。どちらかと言えばアルビノが待ちくたびれて我慢しきれなかった感じです。動画も撮影して検証しましたが、40個前後は産卵したようです。


卵を咥えないオスを待ちきれずに、自分で産んだ卵を咥え始まるアルビノ。今までの経験上、メスは卵を数時間以上咥える事はなく水質悪化を避ける為に卵を掬い上げました。


水槽から取り出した卵。前回の卵よりも少し大きいのは産卵まで時間がかかり過ぎた為だと思われます。かなり長い期間のペアリングだったですし、最悪の結末に疲れがどっと出ました。ペアリングの途中でオスを入れ替えるか何日も悩んだのですが、今思えばリベンジを考えたのが最大のミスだったと考えています。

失敗のパターンとしては最悪ではありましたが、得るものもあったので後日ブログ等でご紹介したいと思います。

とりあえず、オスもメスもお疲れさまでした。

ではでは

PS.いつも「いいね」&バナークリックありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000


環境省作成のガー規制のチラシが来た。



環境省から特定外来生物規制開始のチラシが配布されました。
これで当初の予定通り、平成30年4月からガーの規制が開始される事で決定した事になります。大型魚好きとしてもショップとしても複雑な心境です。来年にはショップ等の店頭からもガーが消える事になり、許可を受けたショップ&飼育者、水族館でしかガーを見る事が出来なくなります。


確かにガーの放流は日本固有の生物を捕食しますし大きな問題だとは思いますが、規制の方法にはいまだに疑問を感じます。環境省にも電話をかけて意見を言わせて頂きましたが「参考にします。」の言葉だけで正直相手にされなかったのは悔しい想いでいっぱいです。

なぜ、全面的の規制なのかが分かりません・・・。とりあえず、輸入を規制するだけでも良かったのでないかと思います。これだけ日本に居るガーの移動と販売を規制すれば必ず密放流は行われます。輸入を止めて移動を規制しなければ、ガー自体の価値が上り本当に飼育したい方へとガーが集まると考えています。


規制の話が持ち上がってから、日本のガーの輸入量は3倍近くになりました。当然売れ行きも3倍になったと言う事です。安いから、とりあえず買っておこうって動きにもなります。規制前に入手しようとなるのは当たり前です。環境省はこの3倍になったガーの流通量は規制発表が原因だと認める必要があるのではないでしょうか?!

勿論、業者を含む全てのアクアリストが招いた結果であるのは事実ですが、この規制のあり方には疑問を感じてなりません。もう少し方法があったのではないか、アクアリストの意見なども聞き入れるべきだったのではないかと思います。

以前のブログ「ガーが飼えなくなる日・・・・。」も併せてお読み頂けると嬉しいです。

PS.いつも「いいね」&バナークリックありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

にほんブログ村
0489557000