アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

アーカイブページ

更新滞ってしまっていて申し訳ございません。


ここ最近、ブログの更新が止まってしまっておりました。申し訳ございません。
おかげ様で元気ですし、バタバタと忙しく過ごしております。

と言う事で苦手なカメラを取り出し、在庫しているスーパーレッドのショートを3匹撮影しショッピングカートに掲載致しました。キツイ詰まり方のショートではなくナチュラルな感じの日本で人気のタイプです。

¥230,000(税込み)
170-008783~5

PS.★になる事を覚悟したアルビノのメスですが、餌も食べて完全復活致しました。今回は産卵のタイミングを逃してしまいましたが、また機会があれば挑戦したいと思います。ご心配おかけいたしました。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


6月からのアジアアロワナに関する法改正



2018年6月からアジアアロワナに関する制度が大きく改正されます。

嫌なお知らせブログなので気が重いですが、大切な事なので目を通して頂けますようにお願いいたします。

まだ、自然環境研究センターより正式発表になっていないので、このブログで書く事が全て正しいかどうかも分かりませんが、少なくともアジアアロワナを飼育、購入、販売する方全てに関わる大きな法改正となりそうです。大きな点は下記の2つです。

1.登録申請費用が3200円から5000円に値上げ
これは登録票の申請にかかる際の値上げです。この価格は販売価格に大きく関わってきます。今後グリーンやバンジャールレッド、紅尾金龍の販売価格に関係してくると同時に輸入量にも大きく変化が出てくる可能性があります。例えばグリーンアロワナは現在全国的に15,000~20,000円前後で販売されていると思いますが、この価格がショップや輸入業者には重くなると思われます。仮に販売価格が20,000円だとすると、この内の5000円が登録票の価格となります。残りの15000円で原価、管理費、利益と見た時に採算が合わないと思いますので、値上げか逆に輸入量が大きく減ると予想できます。

2.登録の有効期限が5年に改正
6月から新しく輸入された個体だけではなく、現在日本国内にいるアジアアロワナの登録票に5年の有効期限が設定されます。これはショップにいる個体、皆様の飼育している個体全てが該当します。ですから規制が始まれば期限内にアジアアロワナの申請の準備をして頂く必要が出て参ります。輸入日より5年ですので、先月輸入された個体と3年前、5年前の個体では少し期限の設定が違います。有効期限の更新には更新費用も発生します。金額は正式発表前なのですが4600円だと思われます。申請方法や書式などはまだ決まっていませんが、正式な発表があれば出来るだけ早くブログ等に掲載したいと思います。

以上2点が制度改正の大きなポイントですが、あくまでも正式発表がなされていませんので、ここに記載した事全てが正しいかどうかは分かりません。いずれにせよ、ここに書いた事に近い形で規制になる事は間違いないと思いますので、たまにブログ等をチェックしてみて下さい。

PS.ガーの規制が始まったと思ったら、今度はアジアアロワナ等も規制対象になり、胃薬と頭痛薬を同時に飲む羽目になりました。しかも6月からだと時間もあまりありません。行政、業者間でも出来るだけ、情報や意見の交換を行っていますので、出来るだけ早い段階でお知らせ出来るようにいたします。大切なお知らせでもありますので、多くの方に知って頂きたいのでリツーイト等して頂けるとありがたいです。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


アルビノ無事に生還いたしました。



ラフレシアのTwitterで何回かご報告させて頂いていたので、ご存知の方も多いかと思いますが、ペアリング中のアルビノが突然ひっくり返って自力で泳げなくなりました。ペアリング中にオスに攻撃されその際に頭をぶつけて脳震盪を起こしたと思われ、浮袋がパンパンに膨れその浮力でひっくり返ってしまいました。

この様な症状は混泳やペアリングだけではなく単独飼育でも起こりうるトラブルで、健康なアロワナがいきなりひっくり返って死に至るケースが多く、同じような苦い経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?自分自身の力が強ければ強いほど、重症になり易くピラルクなども同じパターンで死に至る事があります。ほとんど薬等も効きませんし、治療にはコツと根気が必要です。死亡率も高いのでさすがにアルビノがひっくり返って泳げなくなった時は死を覚悟しました。


アルビノがひっくり返って今日で5日目ですが、何とか自力で泳げるまでに回復させる事が出来ました。
まだ、背中も浮かせてしまいますしヨロヨロとした力のない泳ぎですが、それでもひっくり返って水面でへの字に曲がっている頃から比べたら全然OKです。この5日間は夜中も3時間ごとにアルビノを観察していたので、かなり寝不足ですしヘトヘトに疲れましたが、その苦労も報われた気持ちでブログを書いています。ここまでくればあとはそれ程難しい処置ではないので少し楽になります。

ペアリング中で餌も1ヶ月食べていませんでしたし、オスにつつかれてヒレもやられていた状態でのトラブルだったので、正直9割は死んでしまうかと思っていましたが、なんとか持ち直してくれたのでほっとしています。

多くの皆様にご心配頂き嬉しく思います。ご心配おかけいたしました。本当にありがとうございます。

*ここでは逆に悪化させてしまう可能性があるので詳しい治療方法の記載は避けますが、もし同じようなトラブルでアロワナがひっくり返ってしまった時などはお電話頂ければ個体や飼育環境に合った治療法をご紹介させて頂きます。

注:今回の症状は肥満体型の個体がひっくり返る症状とは異なります。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ガー科の特定外来生物指定について



出典:環境省ホームページhttps://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/lepisosteidae.html

ガー科の特定外来生物指定について

ガー科については、H28年に特定外来生物の指定へ向けた検討(パブリックコメント)が行われ、H29年11月21日に特定外来生物の指定について閣議決定されました。H30年4月1日(日)から規制が開始されます。

指定対象
ガー科(Lepisosteidae)全種
ガー科に属する種間の交雑により生じた生物
※ガー科及びガー科に属する種間の交雑種については、規制開始以前より飼養しており、継続して飼養を続けるにあたっては、平成30年9月30日までに外来生物法に基づく手続きが必要です。詳しくは以下のページもご覧ください。

「飼養等に関する手続き」のページもご確認ください。
URLリンク:http://www.env.go.jp/nature/intro/1law/shiyou/tetsuduki.html
ガー科及びその交雑種の飼養等許可申請様式
01_(ガー科)様式1-A 新規申請書(愛玩目的) WordPDF
02_(ガー科交雑種)様式1-A 新規申請書(愛玩目的)WordPDF
03_書き方例(ガー科)様式1-A 新規申請書(愛玩目的)PDF
04_申請書作成にあたっての参考資料 PDF

申請手続き及び申請書の送付先は、飼養等施設の住所を管轄している地方環境事務所となります。

検討の経緯
H28. 1.29 魚類グループ会合(第6回)議事次第・資料議事概要議事録
H28. 3.15 特定外来生物等専門家会合(第10回)議事次第・資料議事概要議事録
ガー科のパンフレットはこちらから

「飼養・運搬等」、「譲渡」、「輸入」等の規制開始(開始後6ヶ月以内に既に飼養等をしているものについて、申請が必要)

違反したらどうなるの?
特定外来生物は、たとえば野外に放たれて定着してしまった場合、人間の生命・身体、農林水産業、生態系に対してとても大きな影響を与えることが考えられます。場合によっては取り返しのつかないような事態を引き起こすこともあると考えますので、違反内容によっては非常に重い罰則が課せられます。以下はその一部をご紹介します。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


M様からメッセージ



いつも鹿児島のM様からFAXで餌のご注文を頂くのですが、その際にメッセージを添えて頂きました。
凄く嬉しくかったのと同時に深いなぁ~と思い、今回のブログにさせて頂きました。

注:長文なので大変ですが、是非頑張って読んでください。

いつも楽しいブログってどんなのなんだろうって思いながらブログを書いていましたし、書いています。
僕の仕事はアロワナやそれに付随する餌や器具、水槽を売る事ですが、それはこのアジアアロワナワールドと題したブログの中心にあるべきではないと考えています。ここを訪れてブログを読んで頂いている方にアロワナや物を売る事に特化したブログは良くないと考えているんです。今は基本一人で店をやっているので、なかなかホームページの更新が行えておらず理想とは離れてしまっていますが、売り売りブログだとあまりブログの意味がないと思っているんです。

入荷しました。売れました。ってブログを読んで楽しいか楽しくないかって考えたらあまり面白くはありませんし、読んでいる方のためになるかならないかと言えばならないのかなぁ~と思うんです。勿論、アロワナの購入を検討されている方からすれば、個体紹介や販売情報はとても有意義な情報だと思いますし、商売だけを考えたらそれは大切な事だと思います。

しかし、10人がこのブログをご覧になったとして、アロワナを探されている方の割合から言えば1~2人以下だと思うんです。だから出来るだけ販売すると言う事とは違う角度でアロワナやラフレシアの事を書く様にと心がけているんです。M様のメッセージにもある様に今はアロワナに特化した書籍もアロワナライブだけになってしまいました。近くにアロワナ屋どころか熱帯魚屋もないって方も多いと思います。その方たちにアロワナに関する情報などを伝えていく事が最も素晴らしい事なんだろうと考えているんです。それでアロワナ飼育が楽しい!とか、なるほど!とか思って頂ける事が一番なのだと信じています。

僕は基本的には営業のお電話やメールを一切しません。店頭での接客も必要以上にお客様に張り付いたりもしません。勿論、お声がけ頂ければご質問にも出来る限りお答えします。僕がお客様だったら高額なアロワナを選ぶ際には静かに真剣に選びたいからです。だから僕の接客もそれをあまり邪魔する様な接客スタイルではないんです。これどうですか?これいかがですか?って迫られたら僕ならアロワナを選べなくなってしまうからです。

アロワナは熱帯魚の中でも長寿です。押し売りスタイルで購入して頂いたとしてもそれはお客様にとってベストなアロワナなのか?には疑問に思うからです。僕は過度な値引きもしません。大きく値段を下げるアロワナなら最初からその下げたプライスをつけておけばいいからです。勿論、在庫の入れ替え時などには多少の値引きをする事もございますが、基本的には値札のプライスでの販売です。お客様の顔色、反応、お財布具合などに合わせてってスタイルはアロワナの価値と価格を根底から覆してしまう事だと思うんです。

良い個体を店頭に並べる。個体に合った価格をつける。この2つだけで店内のアロワナの回転率は上がると思っています。回転率が上がればまた新しいアロワナを見にお客様にご来店して頂ける。それは安売りでもなく、過度な利益と値引きでの販売でもなく、ごくごく普通の販売方法だと思っています。

ブログもそうでアロワナ飼育の楽しさや情報などをいかに全国の方に伝えるかが最重要だと思うんです。僕のブログを読んでからアロワナ飼育を始めた方も多くいらっしゃると思いますし、飼育&購入されてからこのブログを知った方も多いと思います。

アロワナ飼育をされている全ての方にアクセスされるブログである様に今後とも頑張ってまいりますので、今後ともラフレシアのブログ「アジアアロワナワールド」を是非よろしくお願いいたします。

ラフレシア 福井



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


Count per Day

  • 554825総閲覧数:
  • 174今日の閲覧数:
  • 276昨日の閲覧数:
  • 383009総訪問者数:
  • 118今日の訪問者数:
  • 227昨日の訪問者数:
  • 231一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: