アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • オスフロネームスグラミー・ホワイティのショートボディー

    オスフロネームスグラミー・ホワイティのショートボディーが入荷いたしました。比較的ポピュラーな本種ですが、このサイズでのショートの入荷は少なく、コレクションにいかがでしょうか?飼育も簡単で当店ではキャットを与えて飼育しています。残り餌などもパクパク何でも掃除機みたいに吸い込むように食べます。[...]

    続きを読む
  • 謎のインドネシアのハゼ?!

    インドネシアで採取された謎の魚の黄色変異種ですが、多くの方にご意見をお聞きしてこの魚の名前を調べましたが、結局未だに特定に至っておりません・・・。動画や写真をお送りして、多くの輸入業者さん、問屋さん、熱帯魚店さん、熱帯魚書籍出版社さんにお聞きしましたが、どなたもご存知の方がいらっしゃいま[...]

    続きを読む
  • METAL RED F4 発送。N様ありがとうございました。

    N様にメタルレッドF4を発送させて頂きました。関東もここ数日急に寒くなってまいりましたが、梱包、状態もバッチリなので翌日着でもバッチリで到着するはずです。梱包時に上から撮影してみましたが、白色の蛍光灯下でこの色ならバッチリだと思います。まだ若い個体なので、さらに数年飼い込んで頂け[...]

    続きを読む
  • キングコングパロットが入荷いたしました。

    大き目のアロワナとも即、混泳可能なキングコングパロットが入荷いたしました。雑食性なので人工飼料はもちろんの事、アロワナの噛み砕いた残り餌なども拾って綺麗に食べてくれます。このサイズの入荷はあまりまりませんので、是非この機会にご検討頂ければと思います。全長約19cm ¥5,[...]

    続きを読む
  • 2歳になったヘテロ達

    アルビノ過背金龍のと過背金龍の間に産まれたヘテロ達ですが、やっと2歳になりました。サイズは40~45cmと成長スピードがやや遅めかもしれません。餌は食べるだけ与えていますし、水替えも週2回以上を欠かしていませんので、もう少し早くても良さそうですが、これもアルビノの遺伝が関係しているのかも[...]

    続きを読む

アーカイブページ

インドネシア便入荷個体紹介 その3


豚アロワナ
巷で噂の太ったアロワナSUMOが入荷致しました。
ネットやブログには掲載してきませんでしたが、今回が3匹目の入荷です。SUMOはインドネシアでこの様な肥満体型のアロワナの通称名なので、ラフレシアでもこの名前で販売しようと思います。

独特なフォルムで喉が張り、肩口からドンと太くなっています。このタイプには色はあまり期待できないかもしれませんが、ご要望が多かったので今回の選別に加えました。前回ブログに掲載してから価格のお問い合わせが多かったのにはビックリ致しました。

ダブルチンアロワナ
SUMO(第160-003062)

個人的にはあんまり好みのアロワナではないですが、面白い個体だなぁ~とは思います。前回の販売はお客様からのリクエストで、今回はテストでの入荷になります。色んなバリエーションがいるのはラフレシアとしてはプラスですし・・・。今回は1匹しか輸入しませんでしたが、現地にまだいますので、ご要望が多ければ次回も輸入したいと思います。

販売価格は税込み¥98,000です。

プルマタカプアスのスーパーレッド
こちらもご要望が多かったリーズナブルなプルマタカプアス産のスーパーレッドです。(第160-003065~)

こちらは90匹輸入いたしましたので、かなりのポテンシャルを秘めた個体も多くいると思います。うじゃうじゃと店内を泳いでいますので、現地気分で楽しくアロワナを選別していただけるんじゃないかと思います。勿論、遠方のお客様には責任を持って選別させていただきますが、サイズがあまり大きくないので、完璧とはいかないとは思います。現状でのベストは尽くさせて頂きます。

販売価格は税込み¥69,800です。

metalred.f4
ディナミカカプアスのメタルレッドF4(第160-003056)
まだ37cm位の個体ですが全体的なバランスがよく整っていています。発色はまだこれからの個体で、ここから1~2年でかなり急激に伸びるのではないかと思います。さすがにこの手の個体は少し価格が高いですが、10年以上長く飼い込む事ができますので結果的には安いかもです。長く大切に飼って頂きたい1匹です。

販売価格は税込み¥780,000です。

つづく・・・・。

PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


インドネシア便入荷個体紹介 その2


エンドリケリーショート
今回はエンドリケリーのショートが2匹入荷しています。
どちらも体型的になかなかの詰まり方をしています。ここから餌をドンドン与えて体高をだして迫力のある個体に仕上がれば良いなぁ~と思います。

エンドリケリーショート
こちらはお尻の部分が2つに分かれたソードテールです。
体型は2匹ともそれ程大差はありません。個体は落ち着いて状態も良いので、毎日少しずつ餌の量を増やしています。

全国発送も承りますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

つづく・・・。


PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


インドネシア便入荷個体紹介 その1


プルマタカプアスのスーパーレッド
今回はご要望の多かったプルマタカプアスの紅龍も入れました。

プルマタカプアスはディナミカカプアスの子会社で、こんな感じのスーパーレッドです。サイズはまだ小さいですが、リーズナブルな価格設定を予定しています。しかしながら中には「おっ!」って言う個体が多くいますので、価格だけではなく質も良いかと思っています。プルマタカプアスは今まで何回か取り扱いましたが、お蔭様で評判も良く今回の輸入となりました。

現在は水質管理を行い、餌を与えて体調管理を最優先させて頂いています。少しずつ餌の量を増やしていますので、来週には販売がスタートできると思います。

プルマタカプアス証明書
プルマタカプアスの証明書。
インドネシアのデザイナーが書いたアロワナを用いた証明書です。今度この絵の原画が買えないか聞いてみますね・・・。

何人かのお客様にアロワナの絵画を頼まれていますので、そちらも良いデザインの物を探しています。安い物から高い物までありますが、サイズが大きい場合が多いのです。画像を送ってもらったりしていますが、横幅4mとか平気であります・・・。良い感じの物があればここでまたご紹介させて頂きますね。

つづく・・・・。


PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


上半期欲しかった魚ベスト1


ダトニオ透明燐
早いものでもう6月、今月で1年の半分が終わる事になります。
インドネシアやマレーシア、シンガポールなどからも様々な画像が送られてきます。そんな中で今年の上半期、一番欲しかったなぁ~って魚をご紹介します。

画像がピンボケだし袋の中なのでいまいち分かり難いですが、実はこれ透明燐のダトニオです。エラブタも透けていますし、背骨も見えます。他の魚種での透明燐はたまに存在しますが、ダトニオの透明燐は聞いた事もありませんでしたし想像もしませんでした。

ジミー:「どうだぁ~!ちょっと問題があるが、凄いだろう!」

僕:「なんじゃこりゃ~!欲しいぞ~!問題って何よ?!」

ジミー:「息をしていないぜ~」

僕:「それ死んでるやん。」

ジミー:「・・・・・・・。」


ダトニオ
こちらは昨年輸入した黄色のダトニオ。
やっと小赤を食べられるサイズにまで成長しました。アカヒレから始まり、ここまでいったい幾ら分食べたか分からない位食べています。毎日餌を与え、週に3回水替えを行なっていますが、改めてダトニオの成長の遅さを痛感しています。

この先どの様な感じになるか楽しみですが、また少し成長したらブログでご紹介させて頂きます。



PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


アルビノペアリング開始


アロワナのペアリング
前回のアルビノの産卵から半年が経過したので、再度ペアリングを開始致しました。

今回は今までペアリングした事のないオスを用いていますが、これもアクアリーダー産の過背金龍で年齢は10歳になります。オスなのは分かっていたのですが、今まで一度も卵を咥えた事はありません。なぜこの個体を選んだかですが、新しい組み合わせでペアリングの幅を広げる事と新しい稚魚を得る為です。これで産卵させ咥えさせる事ができれば、サイズも大きいので比較的卵を楽に咥える事が出来ると思っています。

アルビノ
当然今まで何回か成功した過背金龍でペアリングした方が成功確率は高いのですが、新たなアルビノ系列の幼魚を繁殖させたいと思っていますので、あえて難しい組み合わせを選択しました。今までのオスであれば今月中に産卵する事は可能だと思える位にアルビノの腹部が膨らんでいますので少し複雑な心境ですが、新たな系列のヘテロは今後必ず必要となってきますので挑戦することとしました。

アルビノのメスも10歳を越えていますので、この先何年何回産卵するか分かりません・・・。13~14歳位までは問題ないと思っていますが、年に2回の産卵ペースを守れても恐らく6~7回位が限界なのでは?と思っています。それが全て成功するとは考えられませんので、そろそろタイムリミットだと考えています。

まだ始まったばかりですが、暫くはこの2匹でペアリングを行なって様子を見たいと思います。また何か変化があればブログ等でご紹介致します。多くの「いいね」バナークリックありがとうございます。



PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000