アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • オスフロネームスグラミー・ホワイティのショートボディー

    オスフロネームスグラミー・ホワイティのショートボディーが入荷いたしました。比較的ポピュラーな本種ですが、このサイズでのショートの入荷は少なく、コレクションにいかがでしょうか?飼育も簡単で当店ではキャットを与えて飼育しています。残り餌などもパクパク何でも掃除機みたいに吸い込むように食べます。[...]

    続きを読む
  • 謎のインドネシアのハゼ?!

    インドネシアで採取された謎の魚の黄色変異種ですが、多くの方にご意見をお聞きしてこの魚の名前を調べましたが、結局未だに特定に至っておりません・・・。動画や写真をお送りして、多くの輸入業者さん、問屋さん、熱帯魚店さん、熱帯魚書籍出版社さんにお聞きしましたが、どなたもご存知の方がいらっしゃいま[...]

    続きを読む
  • METAL RED F4 発送。N様ありがとうございました。

    N様にメタルレッドF4を発送させて頂きました。関東もここ数日急に寒くなってまいりましたが、梱包、状態もバッチリなので翌日着でもバッチリで到着するはずです。梱包時に上から撮影してみましたが、白色の蛍光灯下でこの色ならバッチリだと思います。まだ若い個体なので、さらに数年飼い込んで頂け[...]

    続きを読む
  • キングコングパロットが入荷いたしました。

    大き目のアロワナとも即、混泳可能なキングコングパロットが入荷いたしました。雑食性なので人工飼料はもちろんの事、アロワナの噛み砕いた残り餌なども拾って綺麗に食べてくれます。このサイズの入荷はあまりまりませんので、是非この機会にご検討頂ければと思います。全長約19cm ¥5,[...]

    続きを読む
  • 2歳になったヘテロ達

    アルビノ過背金龍のと過背金龍の間に産まれたヘテロ達ですが、やっと2歳になりました。サイズは40~45cmと成長スピードがやや遅めかもしれません。餌は食べるだけ与えていますし、水替えも週2回以上を欠かしていませんので、もう少し早くても良さそうですが、これもアルビノの遺伝が関係しているのかも[...]

    続きを読む

アーカイブページ

サーバー移動いたしました。


saverブログの表面上は何も変化がございませんが、高性能で早いサーバーへの移行作業が完了致しました。

今回の移行作業により、サイトの表示速度が格段にアップ致しましたので今までよりも快適にページ間を移動して頂けると思います。

飛んでしまったブログに負けない様に今後とも新しい情報を発信してまいりますので、これからもラフレシアのブログを宜しくお願い致します。


過背金龍(アクアリーダー)個体紹介


IMG_1237
今回アクアリーダーより入荷した過背金龍です。
頭部の光り方が50%位なので、ゴールデンヘッド扱いではありませんが素質のある綺麗な過背金龍です。

IMG_1209
昔は「過背金龍は耳が光っていないと・・・。」とよく言われましたが、今の養殖のレベルはそう言った次元ではなくなりましたね。

IMG_1211
光沢の強い鱗をしていて、この光沢の上に発色が始まりますので素質としては十分すぎる位です。

IMG_1229
現在餌は小赤とコオロギを与えていますが、入荷後徐々に捕食量も増えてきています。

今後たまにブログでも個体紹介をしてまいります。

国際希少野生動植物種登録票 150-003628


Lineはじめました。


line
lineを使った情報サービスを開始いたしました。

ラフレシアのline画面サンプル
左の画像はスマートフォンで見た時のイメージ画像です。

不定期ですが、ホームページなどとは違うアジアアロワナ情報を発信しています。

まだまだ使い切れていませんが、徐々にコンテンツも充実させていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

 

 

 

登録方法は下記の通りです。
*友だち追加画面で画像のQRコードを読み込む。
*ID検索で「@arowana」と入力

ID:@arowana

スマートフォンからアクセスされている方は下記のボタンからでも登録可能です。

addfriends_ja

lineをご利用中のお客様は是非ご登録お願い致します。


お客様紹介


スーパーレッド
お客様のN氏宅におじゃましてまいりました。
このスーパーレッドがN氏一番のお気に入りで、ラフレシアで納品させて頂いた個体です。携帯画像なのであまり綺麗に写っていませんが、後方三ヒレが大きくシャープな小顔をしている個体です。

アルビノ水槽
アルビノの過背金龍も飼育されていて、アルビノシルバーやアルビノプレコ、パロット、エンドリと混泳されていてます。パロットは餌食いを良くし、残り餌を食べる様に入れていますが、最終的にはアルビノしか入っていない水槽にする計画との事です。

IMG_3696
他にも黄色のアロワナなどレアな個体を多く飼育されています。
冷凍庫も大型の物を装備されていますし、何かあった時の為に酸素ボンベも常備されています。

スーパーレッド
この個体も当店で納めさせて頂いた個体です。
赤さも濃いですし、何よりも見て色乗りが厚い個体でちょっとの移動や水質などに左右されない位の発色です。

混泳水槽
リビングに設置された2750水槽です。
この水槽は新築時に設計し壁に綺麗に埋め込まれていて、水の音が全く部屋に漏れてきません。上下に扉があり、メンテナンスも容易に行える様になっています。

「水槽壁に埋め込んじゃったから、一生アロワナ止められないなぁ~」と笑うN氏が印象的なお宅訪問でした。


アルビノ過背金龍


いざ国境へ
シンガポールから陸路で国境を渡り、マレーシアのアクアリーダーに行ってまいりました。
この日は休日だった為にシンガポールからマレーシアに遊びに向かう車が多く、国境では大渋滞が発生していました。いつもは渋滞さえなければ30分で国境を越えれますが、この日は2時間以上時間がかかりました・・・。

IMG_1231
途中にあるセナイ空港の近くで早めの昼食と休憩をとります。
渡航前の打ち合わせでレア個体の話が出ていましたので、どんな個体がいるのか期待と不安で胸がいっぱいです。

IMG_1268
アクアリーダーに着く頃にはすっかり日が昇り、灼熱の太陽がジリジリ照りつけています。
3ヶ月ぶりに来ましたが、ポール、ジャッキー、スタッフも皆相変わらず元気そうです。簡単に挨拶を交わし、早速アロワナを見せてもらう事にしました。

IMG_1274
まずはじっくりと過背金龍を選別していきます。
鱗の上がりは勿論のこと、光沢や形、泳ぎ方などの性格まで細かく個体をチェックしていきます。この選別でミスをすると日本に帰ってからの販売に大きく影響しますので、焦らず慎重に厳しくが基本です。

金も濃くて良い感じです。
ラフレシアに入荷してお客様に見て頂いた時に「おっ!いいね!」って思って頂ける個体を選んでお届けするのが使命です。しかし、それが何よりも難しく、常に高品質を保つにはアクアリーダーとの連携と信頼関係が大切だと考えています。

鼻先も尖った過背金龍
選別した個体にはチェックをつけていきます。
全て選別し終わるともう一度最終チェックを行い、過背金龍の選別が終了します。選別する時はある程度違うタイプを何種類か選別する様にしています。それは人によって好みがある為で、金が濃い方が好みの方もいらっしゃいますし、薄めの方が良い!って方もいらっしゃる為です。基本的にはシャクレ顔の人気が高いですが、「過背金龍は丸顔が一番!」ってお客様もいらっしゃいます。

プラチナ過背金龍
こいつがレア個体。プラチナ過背金龍。
サイズは小さいですが、順調に成長し泳ぎもしっかりしています。交渉に何時間も費やしましたが、何とか入手する事が出来ました。

アルビノ過背金龍
続いてはアルビノの過背金龍。
黄色い身体に赤い目。存在自体が奇跡的なレア個体です。しかもベースはアクアリーダーの過背金龍ですから質的にも申し分ありません。
画像にはしっかり「R」マークもついていますので、バレバレですが入手しました。

アルビノ過背金龍2
同時に大きなサイズも交渉してゲット!
価格などでこれまた交渉が難航しましたが、最終的には何とか入手出来ました。

ストックルームから運ばれてきたアルビノアロワナ
「もっと欲しいんだけど、門外不出の個体出して!」いつもながら暴走モードです。
「あまり売りたくないんだけど・・・。」とシブシブ秘密のストックルームから時期親魚育成の個体を複数出してもらいました。

アルビノ過背金龍3
何とか交渉を続けながらこの個体もゲットです。
サイズも25cmと大きく、もう少しでエラブタに発色が始まってくる頃です。

IMG_1282
この個体も大きめでシャープな顔つきのアルビノです。
どうせなら買えるだけ買ってしまおうという考えでしたが、かなり無理したのも事実です。

マレーシアは灼熱の太陽
交渉は炎天下の中、ここで行ないます。
泣くのも笑うのも怒るのも全部ここです(笑)。

赤蟻
ちなみにここには赤蟻がいっぱいいて、噛まれるとかなり痛いです。
コーラは手に持ってないと赤蟻を飲む事になりますので、注意が必要です。

IMG_1359
激闘終えてシンガポールに戻る頃には夜になりますが、何とも近未来的な都市。
マリーナベイサンズの下でぼ~っとしながら日本へのフライトまでを過ごします。この頃には少し涼しくなっていますが、疲れた身体は悲鳴をあげています。

しかしながら、今回もなかなか良い感じの個体達にめぐり合えました。
この個体達が店頭に並び、多くのお客様に気に入って頂けることを願っています。