アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

アーカイブページ

アルビノへテロ途中経過(2016/02/05)


165495
6匹のアルビノへテロですが、順調に成長して約10cmの大きさまにまでになりました。
メダカも余裕で食べれる様になったので、飼育も楽ですし成長スピードもグンと早くなってきました。ここまで来れば通常のアロワナと飼育は全く変わりませんので、飼育していても気が楽です。

ずいぶん前に登録票の申請は行なっているのですが、審査に時間を要していて追加書類の提出などでちょっと遅れ気味です。通常の輸入時の申請よりも写真、書類の数が多いので、その分審査に時間がかかっちゃっているみたいです・・・。

とりあえず、今回は卵から1匹も落とす事なく順調に育っているので、自分の中ではかなり満足度の高い繁殖だったように思います。次回アルビノが産むのはいつか分かりませんが、今回のデータも上手く生かせるように頑張りたいと思います。


マレーシアに行ってまいりました。(2016年1月)


シンガポール。チャンギエアポート
シンガポール経由でマレーシアのアクアリーダーに行ってまいりました。
その際にシンガポールのチャンギ国際空港でストーム・トルーパーとタイファイターがお出迎え。タイファイターも1/1スケールなので、かなりの大きさですが、二人は乗れない戦闘機なんだなぁ~と実感。なぜここまでやって中央にダースベイダーを置かなかったかが疑問・・・・。

アクアリーダーのアロワナストックルーム
シンガポールから陸路でマレーシア入り。アクアリーダーに着くとすぐにストックしてあるアロワナ達をチェックしていきます。4段まで積み上げられたアングルは結構恐怖。手前は2段しか積んでありませんが、奥はキッチリ上まで積みあがっています。この木製のアングルでこの重量に耐えるのかいつも疑問に思います。
ジャッキーに「これやばくない?」って聞くと「壊れたらまた作ればいいじゃないですかぁ~」と全然気にしてない様子・・・。3~4段目のアロワナを見る時は2階に上がりますが、歩くとギシギシしますので、かなりスリリングです。

過背金龍
今回メインで選別したのは大きめの過背金龍。
顔もシャープで体型もガッチリしている個体を選別致しました。無理言って価格も少し落としてもらいましたので、サイズ、質の割にはお安くいけるかと思います。この辺は入荷後に再度撮影したいと思います。

色彩変異のシルバーアロワナ
アクアリーダーではシルバーアロワナも養殖していますので、「今、プラチナ持ってない?」って聞くと「プラチナは無いけど、見た事の無い色が出たよ」と見せてくれたのが4cmほどのこの個体。確かに他のノーマルとは全く違う、見た事の無いシルバー。全体的に黄色っぽく、横に黒いラインが入っていて胸ビレまで黒い。サイドのラインは消えてくると思いますが、南米の輸入業者も見た事がないって位の珍しさです。
「まだサイズが小さいから春位なら出荷できると思う」って言われたけど、そんなに待てる訳もなく無理やりゲットしました。

アルビノ過背金龍1
前からストックしてあったアルビノ過背金龍。現在出荷できるのはここに掲載した4匹のみ。
そのうち3匹は前回選別漏れした個体で、僕の中では1匹はパーフェクトですが、3匹はBグレード扱いで恐らく次回も買いません・・・。そこを交渉して4匹数をまとめる事で通常よりも安く出してもらいました。

アルビノ過背金龍2
この個体は尾ビレに曲がりがありますが、それ以外は綺麗な個体です。
恐らくこのまま大きくなってくると池に入れる事になりますので、金額が跳ね上がり購入が難しくなります。繁殖用の親になってしまえばヒレが曲がっていようが全く関係ないですから・・・。

アルビノ過背金龍3
この個体はエラ蓋に少し曲がりがあります。
多分ここに書かないと気がつかない方も多いかもしれません・・・。輸入後、売れなければ大きくなってヘテロ水槽で混泳させちゃう予定です。ですから今回の4匹はガンガン餌をあげて出来るだけ早く大きくしたいと思っています。大きくなって発色した時がアルビノ過背金龍の魅力ですから・・・。

アルビノ過背金龍4
この個体はパーフェクトです。
ちょっと買い過ぎな感じもしますが、性格上見ると欲しくなっちゃいます・・・。今回の4匹が入荷すればラフレシアには10匹のアルビノが並ぶ事になりますので、それだけでもワクワクしちゃいます。アルビノだけの混泳なんかがいつか出来れば良いなぁ~なんて考えています。

アクアリーダーのジャッキー
選別作業も終えてシンガポールのシーフードで遅めの晩飯。この時間になると気温も下がり、海沿いの心地よい風が吹いてきます。

移動と選別で疲れてバテバテですが、変な達成感みたいな感じでいっぱいになる時間です。ここから帰国して輸入して、登録票申請してコンディション整えて初めて販売となるので、仕事としてはまだ半分にも満たないんですけどね・・・・。でもやり遂げたぁ~って気持ちになる時間です(笑)。

まぁ~こんな感じのマレーシア渡航でした。

PS.臨時休業ご迷惑をお掛けいたしました。


プラチナブラックシーズン到来


プラチナブラック NO.1
プラチナブラックのミドルサイズが2匹入荷致しました。

この時期はプラチナブラックのシーズンですが、このサイズはなかなか入手が難しく希少です。
40cmまで完璧に育っていますし、ツメガエルにも慣らしましたので餌も楽だと思います。

プラチナブラック NO.2
こちらは25cmのプラブラですが、餌は小赤とツメガエルを食べています。

尻ビレに多少曲がりがありますが、5~6cmのワイルドと比べれば飼育も普通で問題ありません。
ブラックアロワナは大きくなると身体に対しヒレや髭が小さくなってしまいますので、ヒレはあまり気にならなくなると思います。


この2匹以外の今年のワイルドプラブラはどんな感じになるか楽しみですが、出来るだけ良い個体を入手出来るように頑張っていますので、今暫くお待ち下さい。

PS.2日間の臨時休業ご迷惑をお掛けいたしました。
渡航の様子は後日ブログでご紹介させて頂きます。


アルビノへテロ途中経過(2016/01/11)


アルビノ・へテロアロワナ
ヨークサックも小さくなり、身体も大きくなってきたので全ての個体が泳ぎだす事が出来ました。

最後まで泳げなかった個体の眼球が底面に擦ってしまっていた為に少し白く白濁していますが、1週間位で完治できるかと思っています。それ以外特に大きな問題はありませんし、赤虫、アカヒレも少しずつ食べていますのでこのままヨークサックの吸収を待てばOKです。

ちなみに登録票の申請を行なう予定で準備を進めていますが、ラフレシアからの移動や販売を行なわないのであれば登録票が無くても問題ありません。しかし、ここからF2を繁殖させアルビノをだすのが最終目標なので国内繁殖の登録票は申請する必要があります。登録票が無い個体から登録票を作る事が出来ないって事です。

この個体達からの繁殖だと3年はかかりますが、数が居れば居るだけ繁殖には有利になりますので、しっかり健康に育てていきたいと思っています。ヘテロを販売するかどうかは現在検討中ですが、挑戦したいって方がいらっしゃればご連絡下さい。


関東建鉄に行ってきました。


485arowana
1月8日に臨時休業させて頂き、ジミーと関東建鉄株式会社の渡辺氏とお会いしてきました。
ジミーとはディズニーランドで待ち合わせをしたので、舞浜からちょうど50分位で到着です。

IMG_6383
水槽工場の一角にはアジアアロワナを中心にガーなどの大型魚が飼育されています。
昔から渡辺氏はデカイ魚が好きなので、ガンガン餌あげてガンガン水換えるタイプで丸々太った魚達が泳いでいます。

IMG_6352
新しくストックルームを建設していて120cmの水槽が40本設置される予定との事です。
外周にはアクリル板を使用している辺りが渡辺さんらしいです(笑)。

IMG_6354
こちらのコンクリプールにはプラチナアリゲーターを投入予定との事。

IMG_6356
渡辺さんが英語でジミーに色々と説明されていました。渡辺さんとは20年近くのお付き合いですが、初めて英語聞きました。
今後色々な設備を建設予定との事で、春にもう少し大掛かりに改修を行い来て頂いた方に楽しんで頂ける施設に出来る様に急ピッチで作業を進められていました。

一方ジミーですが、新宿、渋谷、銀座、御殿場、富士山、九十九里、お台場、六本木、ディズニーランド、浅草とかなりハードスケジュールで日本を満喫しております。帰国日もまだ決めていないそうで、「ん~スキーも行こうかなぁ~」となんともマイペースで日本の正月を楽しんでいます。

とりあえず、こんな感じの臨時休業でした。

ではでは


Count per Day

  • 553601総閲覧数:
  • 163今日の閲覧数:
  • 315昨日の閲覧数:
  • 382143総訪問者数:
  • 112今日の訪問者数:
  • 236昨日の訪問者数:
  • 507一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: