アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • マレーシアに行ってまいりました。(2019/11)その2

    昼食を済ませ、本格的に選別を開始します。全てはこの作業にかかっていると言っても過言ではありません。一匹一匹チェックしていきます。入念に個体を見ていくのですが、本当に良い個体はパッと見ただけで魅力が伝わってきます。一目惚れみたいな感じでしょうか・・・。その感覚は凄く大切だと思っています。[...]

    続きを読む
  • マレーシアに行ってまいりました。(2019/11)その1

    シンガポール経由でマレーシアのアクアリーダーに行ってまいりました。アクアリーダーはマレー半島の最南部に位置するので、日本から直接マレーシアに入るより、シンガポールを経由した方が4~5時間は早く到着出来ます。シンガポールからマレーシアへは国境の橋を渡り入国します。この橋の両側に両国の入[...]

    続きを読む
  • K様飼育のメタルF4ソードテール

    K様にメタルレッドF4のソードテールの画像を送って頂きました。現在も尾ビレが伸び続けているとの事です。餌はツメガエルを中心にオヤツにワームを与えて飼育されています。今後ソードテールがどこまで伸びるのかとても興味深いです。↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多く[...]

    続きを読む
  • RIP.Henrie

    Wajokのヘンリーさんがお亡くなりになりました・・・。ディナミカカプアス、ビンタンカルバー、サンバルジャヤサクティーなどと共にインドネシアのアロワナ養殖の基盤を作られたとても偉大な方です。ヘンリーさんとの取引は数回でしたが、僕にとっては神様みたいな方です。 [...]

    続きを読む
  • 【台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ】

    【台風19号接近に伴う臨時休業のお知らせ】台風19号接近に伴い、10/12(土)は臨時休業とさせて頂きます。12日はメールの返信、電話応答、発送等の業務も全てお休みとなります。お客様にはご不便をおかけ致しますが、予めご了承ください。↓ブログランキングに参加しています。[...]

    続きを読む

アーカイブページ

ガーが飼えなくなる日・・・・。


プラチナアリゲーターガー
最近テレビ等で幾度となく放映されているのでご存知の方も多いかと思いますが、環境省により平成30年4月にガー全種が特定外来生物に指定することが適当とされました。

ガーがこの特定外来種に指定されると輸入、販売、譲渡等一切の移動が出来なくなります。まだ100%決まった訳ではありませんが、「決まりますよ。」との決定された様な感じですね・・・。*規制前に入手した個体に関しては申請を行い、飼育を継続できる予定です。

外来種に指定されるには日本固有の生物に害を及ぼす事が懸念される為で、現に多くのガーが日本の天然に放され確認捕獲されています。これは輸入業者、販売店、飼育者の全てのアクアリストが招いてしまった事が原因である事は間違いありませんし、反省すべき点であるのは事実です。

ここからが今回のブログの本題です。
偉い人達が決めることなので、僕ごときがどうこう言うのは間違っているのかもしれませんが、いくつか疑問に思う事があるので今回のブログに書く事にしました。*賛同して頂ければ「いいね」よろしくお願い致します。

一番強く思うのは規制の方法にあると思います。「ガーが天然で増えたら困る。規制しよう。」と言う考えは分かります。しかし、一方的にそんな単純な考えで規制するとどうなるかを考えなかったのか疑問に思います。アクアリストの気持ちを一切考えなかったのは大きな間違いだと思っています。

まずは規制となれば、多くのマニアさんが「ガーは今しか買えない。」と考えるのは当たり前の話です。今入手しないと今後入手は不可能になるからです。当然そうなれば販売店さんはガーの仕入れを増やしますし、輸入業者もガーの輸入を増やします。現に規制の話が持ち上がってから全国的にガーの輸入量が増えているはずです。需要が増えれば、供給を増やすのは自然な話です。規制するどころか日本国内のガーの数が急激に増えているんです。

ガーを規制するのであれば、飼育、販売は規制せずまず輸入を禁止すべきだったと思います。輸入を止めれば基本的には国内のガーの数は増えません。飼っているガーが事故で死んでしまったりする事もありますので、長い目で見れば減少に転じる筈です。新たに輸入されなければ下取りでの販売も増えますので、飼い切れなくなったガーを密放流ではなく、ショップ、個人間で販売すると言った流れになるのではないでしょうか?当然、ガー自体の価格も上昇するでしょうから、捨てるよりもお金になるならばそちらを選ぶ方が多くなるのではないでしょうか?

受け入れ先がないのも大きな問題です。規制をするならば飼い切れなくなった個体を受け入れる先も用意するべきなのではないでしょうか?ショップには持ち込めない、個人売買も出来ない、これ以上飼育も出来ない。環境省は「飼い続けるか殺処分して下さい。」って話しですが、アクアリストにそれを求めるのは酷です。飽きて飼えなくなった方もいれば、飼育環境を用意出来なくなった方も多くいるはずです。しかし、密放流しか逃げ道を無くす法案なんじゃないかなぁ~と思っている訳です。

今回ここに書かせて頂いた話を環境省の外来生物担当の方ともお話しさせて頂きました。ここ最近、ガーの輸入量が増えている事は知らなかったようでビックリされていました・・・。要望として「全てを規制するのではなく、ガーの輸入を規制してください。販売、移動は認めないと輸入量が増えているから将来逆に密放流が増えると思います。」とお伝えさせて頂きました。

僕は輸入業者ですし販売店でもあり、輸入と販売で生計を立てています。プラチナだけですが、ガーを入手すべく現時点でも動いています。密放流が一番悪いのは分かっていますが、飼育者、販売店、輸入業者様々な思いがあり現在の現状を生んでいるのではないでしょうか・・・。

簡単な話ではないのは分かっていますが、どうにか今後の規制のあり方が変わってくれれば良いのにと強く願います。

このブログに加筆してラフレシアのHP内ひとりごとにアップ致しました。
ブログだと数日で下層ページに移動しますので、多くの方に見ていただきたくここに掲載いたしました。

PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


特価販売。ダイヤモンドポルカ入荷致しました。


ダイヤモンドポルカドットスティングレイ
久々にダイヤモンドポルカが入荷致しました。
数日前の入荷ですが、状態も良くキャットをガツガツと食べています。円盤直径約13cmのオスで、外周にもスポットがまぁまぁ出ていますので綺麗な個体になると思います。

特価販売 ¥49,800-

ショッピングカートに掲載致しましたので、是非ご検討よろしくお願い致します。

PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


アルビノの産卵から一夜・・・。


卵を咥えるオスのアジアアロワナ
産卵から一夜が明けました。
僕にとっては昼と夜の無い長い1日でした。

記録も兼ねて現状考えている事を少しブログに書こうと思います。基本的にはどうなるか分からないですし、不確定要素も多く含まれるのでいつもは自分用の記録にして公開はしていないのですが、成功しても失敗してもここをご覧頂いている方と繁殖を共有できたらと思っています。
間違っている事も多くあるかと思いますが、いつもはあまり表に出さない内容なのでそこの所はご了承下さい。

もっと早く産む筈だった。
今回の産卵はもう少し早く産むと考えていました。7月5日の午前3時に肛門の膨れを確認しましたが、実際には6月20日には産卵出来たはずです。これは実際の産卵よりも2週間前です。原因はオスにあり、ペアリング、繁殖に不慣れであった事が問題でした。そのなれないオスの様子をメスが察知し2週間の遅れが出たと思っています。繁殖経験のある前回のオスとペアリングを行なっていれば6月10~20日には卵を咥えさせる事が出来たと考えています。今回の2匹のペアリングを開始したのは6月2日ですが、違うオスであれば産卵まで1週間~10日での産卵も可能だったのです。

今回の成功確率は20~30%
今回の繁殖の成功は良くても20~30%位でしょう。今の所、順調に卵を咥えていますが、成功確率は高くないと思っています。勿論、成功を望んでいますし、ベストは尽くしますがこれが正直な所です。原因はやはりオスにあります。今回のオスは10歳ですが、6年以上前からオスである事は分かっていました。しかし、上手く行かない可能性が高いと思っていたので、10年間も卵を咥えさせる事は無かったのです。勿論、何度もペアリングは行なってみましたし、年齢的にも申し分ありません。しかし、やはり繁殖に不向きの個体は存在するのです。

なぜ今回のオスを抜擢したか?!
成功確率が高くないと予想していたのになぜ今回のオスに咥えさせたか?!って疑問を抱かれると思います。まず一つはメスのアルビノも10歳を越え、今後何回産卵できるか分からないからです。年に2回産んだとしてもあと5~6回が限界である可能性があると考えました。ですから今まで成功していたオスではヘテロを増やすだけで進歩がないと考えました。勿論、ヘテロは今後大切なアロワナになりますが、違う血統のヘテロを繁殖させたかったのです。もう一つは今回のオスはアルビノと兄弟魚でアルビノと同じ両親だからです。66.6%の確立でこのオスはヘテロとなります。残念ながら33.3%の確立でノーマルです。しかし、ヘテロかノーマルかは見た目では全く判別がつきません。ヘテロもしくはアルビノと掛け合わせないとこのオスがヘテロなのかどうかは判断できないのです。仮にヘテロだったとするならば、今回成功すれば50%の確率でアルビノが出現します。3~4匹繁殖を成功させる事が出来ればこのオスがヘテロかどうかは判断がつくはずです。

アルビノはまだ卵を持っている?!
今回のアルビノの産卵をビデオに収め何回も見直しましたが、産卵が不自然でした。一気に産み落とすのではなく、計ったような産み方でした。恐らく、オスに合わせて産む卵の数を調整したと考えています。実際に産卵後数時間経っても肛門付近は膨れていますし、現在でも泳ぎ方も不自然です。以上の様な事からも現在もアルビノは卵を残していると考えていますが、数日中には卵は吸収されて無くなると思っています。今回の産卵前の腹部から見ても40~45個は卵を産めたはずなのですが、実際には30~35個しか産んでいません。10~15個以上は産み残しがあると予想しています。

咥えた後のオスは抜群
卵を咥えたオスですが、さすがに10歳なのでサイズもあり、楽に卵を咥えています。余裕のある咥え方で無理に卵を詰め込んでいるといった感じではなく、楽勝で咥えている感じです。実はこの個体は以前から金魚等を咥える癖があり、餌に金魚与えると高確率で食べないで数日間口に咥えてしまいます。金魚を咥えて口の中で回す仕草はかなり良い感じであったのは知っていましたし、良い予行練習であったと思います。金魚を咥えている間はワームを入れてもコオロギを入れても一切見向きもせずに金魚を咥え続ける優秀な個体です。しかも混泳の中ですので、咥えるのに優秀なオスである事には間違いありません。

今後の予定
とりあえずはこのまま様子を見たいと思います。アジアアロワナの卵は最初毛細血管が張り巡らされ、その後心臓が出来ます。心臓の動きがはっきり確認できるようになると卵の中でアロワナの形が徐々に見える様になってきます。その後、目が出来てきますが、今回はこの目が何色か?が大きな争点です。ですから今回の目標は出来れば卵の中で目が形勢されるまではクリアしたいと考えています。それが今後のアルビノの繁殖にも大きく影響してきます。しかし、成功確率は20~30%だと考えていますので、ここをクリア出来るかどうかはかなり難しいのが事実でしょう・・・。勿論、ベストは尽くし出来る限りの事はしたいと思っています。

最近はアルビノ系列以外のペアリングを一切行なっていません・・・。なかなか時間が作れないのもありますし、データもある程度蓄積された事もあります。勿論、体力的にも徹夜や不規則な生活がきつくなってきたのもあり、アルビノ系列の繁殖だけに集中するようにしています。

現在保有しているヘテロも4歳を越えましたので、今後この組み合わせでの繁殖も視野に入ってきました。国産のアルビノアジアアロワナの繁殖もそんなに遠くないと信じていますし、ここまでくればそれ程難しい事ではないはずです。今回はアルビノの産卵ですが、目標はアルビノからのF2の繁殖とF3の繁殖です。アルビノからF1であるヘテロを繁殖させる事が一番難易度が高いのですが、その部分はクリアしていますのであとは今まで通りコツコツとやって行けば良いかと思っています。

長文になりましたが、繁殖を目指されている方の参考になれば幸いです。

PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


アルビノ過背金龍が無事に産卵致しました。(2016年7月5日)


アロワナの産卵
本日アルビノが無事に産卵し、オスの過背金龍が卵を咥えました。
卵の数も予想よりも少なかく30~35個位の様です・・・。ビデオで少し検証しないとなりませんが、明日以降の作業としたいと思います。

卵を咥えるアジアアロワナ
今回はペアリングから産卵まで1ヶ月を要しました・・・。オスの過背金龍は初めて卵を咥えていますので、予定通りという訳にはいきませんでしたが、頑張ってくれていますのでとりあえずはOKとしています。

まだまだ先は長いですが、出来る限りのベストを尽くしたいと思います。

PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


アルビノ産卵間近?! 2016/07/05


IMG_8814
ペアリングを行なっていたアルビノの過背金龍ですが、そろそろ良い感じになってきましたのでご報告致します。

ソファーでテレビを見ながらウトウトしてしまい、目が覚めると夜中の3時。いつもの様にipadでペアリングの様子を確認するとアルビノの肛門が膨れている様に見える。画質が少し荒いので確証は持てなかったが、店を開けて確認する事にしました。

産卵前のアジアアロワナ
いつもの様に仲良く泳ぐ2匹ですが、アルビノの肛門はかなり膨れていていつでも産卵が出来る状態になっていました。水質、温度、モーターなどトラブルがない様に細かくチェックし、ビデオカメラの設置し録画を開始致しました。カメラのアングルとかピントとかも出来るだけベストな撮影が出来る様にしましたので、準備はOKです。変な時間に起きちゃったので、あとは僕の微妙な空腹をどうするか位です。

アルビノ過背金龍
ここまで肛門が膨れてくるといつでも産卵が可能ですが、2匹はタイミングを取り始まります。

この時に少し手を加えて出切るだけベストな状態にしてあげます。勿論、アジアアロワの繁殖では分からない事もまだありますので、現時点でのベストって事ですね・・・。今まで多くのミスや失敗を重ねてきましたが、その部分を改善させる事で成功率を上げてきました。こうやってブログを書きながらも見落としがないか?もっとベストな方法はないか?を考え続けています。

今の所、順調ですが強いて言うならば営業時間内の産卵にしたかった事ですかね・・・。出来るだけは何とかしたいとは思っていますが、ここまで肛門が膨れちゃうと難しいかもしれません。

次に書くブログでは「無事に産卵しました。」ってご報告出来る様にベストを尽くしたいと思います。

PS.とりあえず、店に非常食のカップラーメンがありました。

ではでは



多くの「いいね」、バナークリックありがとうございます。次回ブログ更新の原動力となっておりますので、是非いいね&クリックお願い致します。

にほんブログ村
アジアアロワナ販売専門店ラフレシア


2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

RAFFLESIA

アジアアロワナ専門店ラフレシア

341-0044
埼玉県三郷市戸ヶ崎3124-12
048-955-7000

12:00~20:00
定休日 月曜日
http://www.arowana.jp/

カテゴリー

Count per Day

  • 823080総閲覧数:
  • 552163総訪問者数:
  • 112今日の訪問者数:
  • 425昨日の訪問者数:
  • 307一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: