アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • アクアリーダー産の過背金龍のご紹介

    今回入荷したアクアリーダーの過背金龍です。ザクっとですが、雰囲気だけでもと思い撮影を行いました。良い顔してます。少しずんぐりな体型でここから太らせれば面白そうです。この過背金龍は背中1本残していますが、金質が素晴らしいです。画像だと伝わらないかもです・・・[...]

    続きを読む
  • アルビノ過背金龍

    今回新しく入荷したアルビノの過背金龍です。輸出時に少量の麻酔を使ったので、片方のエラが軽く捲れてしまった為に治療を行いました。さすがにアルビノに麻酔をかけるのはドキドキしますが、手術も無事に終了しましたので2週間もあれば傷も消え完璧だと思います。餌はツメガエルとメダカを与えていま[...]

    続きを読む
  • アクアリーダー入荷いたしました。

    アクアリーダーより過背金龍、ス-パーレッド、アルビノ過背金龍、レッドゲオ・ショート、イーロンの過背金龍が入荷いたしました。マレーシア、日本共に暑い季節ではありますが状態も良くホッとしています。まずは日本の水に馴染ませトリートメントを行います。ちなみにこの過背金龍は少し大き目で選別しま[...]

    続きを読む
  • また失敗してしまいました・・・。

    ひっそりとバックヤードで卵を咥えていましたが見事に失敗しました・・・。若いメスで相変わらず小さい卵を産みます。ただ今回が産卵3回目ですが、少しづつ大きい卵を産むようになってきたので、次回こそはもう少し良い結果を出したいと思います。正直悔しいですが、その悔しさを忘れない為にブログに残しました。[...]

    続きを読む
  • アクアリーダーに行ってまいりました。(2019/7)その3

    メインの過背金龍を選別いたしました。お客様の好みもありますので、質はそのままに多少細かなバリエーションをつけて選んでいきます。逆に全く同じような個体ばかりが店頭に並んでも面白くなくなってしまう事を意識し故意にそうしています。ご来店頂いた際に「おっ!この個体好み!」と言って頂く事があり[...]

    続きを読む

アーカイブページ

上半期欲しかった魚ベスト1


ダトニオ透明燐
早いものでもう6月、今月で1年の半分が終わる事になります。
インドネシアやマレーシア、シンガポールなどからも様々な画像が送られてきます。そんな中で今年の上半期、一番欲しかったなぁ~って魚をご紹介します。

画像がピンボケだし袋の中なのでいまいち分かり難いですが、実はこれ透明燐のダトニオです。エラブタも透けていますし、背骨も見えます。他の魚種での透明燐はたまに存在しますが、ダトニオの透明燐は聞いた事もありませんでしたし想像もしませんでした。

ジミー:「どうだぁ~!ちょっと問題があるが、凄いだろう!」

僕:「なんじゃこりゃ~!欲しいぞ~!問題って何よ?!」

ジミー:「息をしていないぜ~」

僕:「それ死んでるやん。」

ジミー:「・・・・・・・。」


ダトニオ
こちらは昨年輸入した黄色のダトニオ。
やっと小赤を食べられるサイズにまで成長しました。アカヒレから始まり、ここまでいったい幾ら分食べたか分からない位食べています。毎日餌を与え、週に3回水替えを行なっていますが、改めてダトニオの成長の遅さを痛感しています。

この先どの様な感じになるか楽しみですが、また少し成長したらブログでご紹介させて頂きます。



PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


アルビノペアリング開始


アロワナのペアリング
前回のアルビノの産卵から半年が経過したので、再度ペアリングを開始致しました。

今回は今までペアリングした事のないオスを用いていますが、これもアクアリーダー産の過背金龍で年齢は10歳になります。オスなのは分かっていたのですが、今まで一度も卵を咥えた事はありません。なぜこの個体を選んだかですが、新しい組み合わせでペアリングの幅を広げる事と新しい稚魚を得る為です。これで産卵させ咥えさせる事ができれば、サイズも大きいので比較的卵を楽に咥える事が出来ると思っています。

アルビノ
当然今まで何回か成功した過背金龍でペアリングした方が成功確率は高いのですが、新たなアルビノ系列の幼魚を繁殖させたいと思っていますので、あえて難しい組み合わせを選択しました。今までのオスであれば今月中に産卵する事は可能だと思える位にアルビノの腹部が膨らんでいますので少し複雑な心境ですが、新たな系列のヘテロは今後必ず必要となってきますので挑戦することとしました。

アルビノのメスも10歳を越えていますので、この先何年何回産卵するか分かりません・・・。13~14歳位までは問題ないと思っていますが、年に2回の産卵ペースを守れても恐らく6~7回位が限界なのでは?と思っています。それが全て成功するとは考えられませんので、そろそろタイムリミットだと考えています。

まだ始まったばかりですが、暫くはこの2匹でペアリングを行なって様子を見たいと思います。また何か変化があればブログ等でご紹介致します。多くの「いいね」バナークリックありがとうございます。



PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


無事に輸入終了


アロワナ輸入完了
インドネシア便、無事に入荷致しました。
今回はアジアアロワナ108匹に加え、プラチナアリゲーターガー、プラチナエンドリ、プラチナデルヘッジー他かなり大量だったので、箱数が凄い事になっちゃいました。いつもハイエースで運搬を行ないますが、ギリギリ積みきれる量であと一箱多かったら載せ切れませんでした。

これだけの量なので運ぶだけでも一苦労ですが、偶然ご来店頂いたお客様にも手伝って頂きました。
通常であれば店内でやる仕分け作業を全て駐車場で行い、運び入れて慎重に水合わせ・・・。

プラチナアリゲーターガー
久々にアリガーを多めに入れたので水槽が足らず、小さいのは単独にし同じサイズは混泳にしました。
黒水槽に白いガーは一番綺麗に見えますね。

アロワナも状態良く着いていますので、少し餌を与えて調整しながら体調を万全に整えていきたいと思います。
安い個体も凄い個体も来ていますので、是非ご期待下さい。



PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


インドネシアでの全ての予定終了


dinamika kapuas stock room
インドネシアでの全ての予定を終了して、再びディナミカのストックルームで選別個体を再確認します。

疲れもピークに達している時間ですが、やり終えた達成感で・・・・。いやいや、やっぱり疲れはピークです。最後の力を振り絞って様々な見落としがないかをチェックしていきます。日が沈み始まっていますが、ストックルーム内はまだまだ蒸し蒸ししています。防犯上の理由から窓がありませんので風通しは最悪で、昼間の熱がいつまでも逃げる事がありません。フライトまではもう少し時間がありますが、夕食と渋滞の時間を計算してストックルームをあとにしました。

dinamika kapuas jimmy
ジャカルタ市内でジミーと夕食。エアコンの無い1日だったので、キンキンに冷えた店内での熱いお茶がたまりません!食事をしながらジミーと最終的な細かい打ち合わせを行ない今回の渡航は終了です。

今回はスーパーレッドだけで108匹の輸入ですし、プラアリやプラチナエンドリ、ショートエンドリ、アルビノシルバーなどかなり数なので、帰国後すぐに受け入れ準備を始めないと間に合いません。

機内からの富士山
飛行機に乗り込み、いつの間にか爆睡。いつもの様に朝の機内アナウンスで目を覚まします。

アロワナは仕入れ~管理~販売と大きく別けて3つの仕事がありますが、この段階で仕入れの仕事の半分が終わった事になります。まだまだやる事はいっぱいありますが、多くのお客さんに喜んで頂ける様にこれからも頑張りますので、よろしくお願い致します。

PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


エンパン・レスマナー(Engpang)


エンパンレスマナー
久々にエンパン氏のカワンセジャティー養殖場に行ってまいりました。
エンパン氏には「インドネシアに来た時は寄ってくれよな。」と言われていましたが、なかなか時間が合わず、久々の対面となりました。早朝からの訪問だったのですが、すでに気温は30度近くになっています。

カワンセジャティー
エンパン宅の脇にある最初の養殖池。
通常の養殖場は川の水を引き込んでいる場合が多いですが、ここカワンセジャティーでは湧き水を利用してアロワナを養殖しています。

エンパンレッド
吸い込まれそうな深い池で透明度が高く、泳いでいるアロワナが良く見えます。普通はカエル等を巻いてアロワナを呼ばないと池の中のアロワナを見る事は出来ませんが、ここでは優雅に泳ぐアロワナの姿を容易に見る事が出来ます。ここにはエンパン氏によって厳選された親魚が入っています。

「あれ?!親魚入れ替えた?!」今までここで泳いでいた個体とは明らかに違う個体である事はすぐに気がつきました。するとエンパン氏が「元々使っていた個体達は歳をとり過ぎてもう子供が採れなくなってしまったんだよ・・・。」ここにいたアロワナは数メートル上から見ても60cmを楽に越える大きさでしたが、明らかに若い個体達だったのです。

カワンセジャティー
「大きな親魚は?」と聞くと池の脇にあるたたき池に案内されました。「今はここで引退だね・・・。もうこの個体達からは子供を採るのは出来ないと思うよ。これからはこの個体達の子供達の世代さ」とエンパンは色々な話をしてくれました。

エンパンのオリジナル親魚
この池は見ている場所からあまり離れていないので、かなり大きな個体である事を再認識しました。この子達はエンパンレッドの原点です。「やっぱりデカイなぁ~」池の色もあるのでしょうが、かなりドス黒い色をしていました。「今まで通りこれからも原種に拘って養殖していくよ。」新しい個体達への世代交代です。

エンパンレッド原点の池
「新しい親魚若いでしょ?あれで増やせるの?」との疑問に「まだ5歳だからね。なかなか難しいけど、実はこの前1匹とれたんだよ。」と嬉しそうにエンパンは水槽の方に案内してくれました。

エンパンレッドの幼魚
「えっ!?」1匹の親魚が卵を咥えた思ったのですが、なんと幼魚が1匹でした・・・・。
「どうだ!凄いだろう!はははは!」と自慢げなエンパン氏。「売らないで記念に取っておいてるんだよ。」まだ小さなアロワナですが、新しいエンパンレッドです。大きな水槽に優雅に泳ぐ姿はエンパン氏の熱い想いが込められた1匹です。

アロワナストック水槽
確かにストック水槽を全て見て回りましたが、空水槽が多く20cm以下はこの個体1匹しかいませんでした。

「せっかく来たんだから福井持ってけよ。」エンパンさんの思いがけない言葉にちょっとビックリしました。記念のアロワナで輸出もしないで残しておいたとか聞いた後だったので、なお更です。

エンパン
「ちょっと待ってろな。」そう言うと証明書にサインをし始まりました。

ディナミカのヒヤンさんと並んで昔ながらの頑固親父エンパンさん。誰にでも売るスタイルじゃなくて、本当にアロワナが好きで養殖を続けているんだなぁ~と感じる所です。まぁ~話が長いのとエアコンが無いのはちょっと辛いですが、僕もこの仕事をしていて楽しいなぁ~と思う瞬間でした。

エンパンとの2ショット
エンパンさんが「福井、たまには顔出せよ。良い魚用意しておくから・・・。」そう言って初代エンパンレッドの写真の前で記念撮影をしました。

この時「ついでによく冷えるエアコンとキンキンに冷えたコーラも頼むぜぇ~!」と考えていたのをエンパン氏は知らないのであった・・・。

PS.ブログランキングに参加しています。宜しかったら下記バナーをクリックしてください。次のブログの原動力になります。


にほんブログ村
0489557000


2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

RAFFLESIA

アジアアロワナ専門店ラフレシア

341-0044
埼玉県三郷市戸ヶ崎3124-12
048-955-7000

12:00~20:00
定休日 月曜日
http://www.arowana.jp/

カテゴリー

Count per Day

  • 774565総閲覧数:
  • 521877総訪問者数:
  • 123今日の訪問者数:
  • 196昨日の訪問者数:
  • 252一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数: