アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • Youtubeに動画を2本アップして頂きました。

    しーさんとリッグアッガイさんにラフレシア店内の動画を撮影して頂きYoutubeにアップして頂きました。珍しく顔出しで色々お話したので少し上がってますが是非ご覧ください。↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。[...]

    続きを読む
  • 夢のアルビノ繁殖計画(完結編)

    2006年に発売になったプラタパッド。表紙を飾ったのはアクアリーダーで産まれた3匹のアルビノとヘテロ達でした。当時アルビノの出現数は世界でも数少なく、この個体達を入手する事から僕のアルビノ繁殖計画は始まりました。今では考えられない位の価格で、アロワナマニアさん2人とラフレシアで計3匹[...]

    続きを読む
  • 明けない夜はない

    新型コロナウイルスの感染拡大に備える緊急事態宣言発令を受け、下記の様に営業時間を短縮させて頂きます。期  間:4/10(金)~ 5/6営業時間:12:00~19:00 (通常 12:00~20:00)定休日:毎週 月曜日*通販等は通常通り行っておりますが、一部商品に欠品が出始[...]

    続きを読む
  • ワイルドワーム

    GEXよりワイルドワームが発売となりました。アメリカミズアブの幼虫を乾燥させた物ですが、変な匂いもなくラフレシアで在庫している個体も比較的良く食べてくれました。軽いオヤツなどには丁度いい感じで、稚魚にはサイズもベストサイズです。1袋70gと軽い感じがしますが、乾燥で水分を飛ばして[...]

    続きを読む
  • プルマタカプアスのスーパーレッドを撮影掲載致しました。

    プルマタカプアス産のスーパーレッドを撮影&掲載致しました。プルマタカプアスはディナミカカプアスの子会社でリーズナブルな紅龍を養殖しています。勿論、安いだけではなく、質もお値段以上のレベルで特価での販売が実現いたしました。¥80,000(税別) 88,000(税込み)ショッ[...]

    続きを読む

過背金龍の記事一覧

卵の結果報告と国産F2誕生


前回のブログの卵の現状報告です。
ペア①の方の55個の卵は全滅です・・・。予想はしていたので正直それ程驚く結果ではありませんでした。もう一度このメスは体調管理を行い一からやり直します。


ペア②の42個の卵は3個のアロワナを繁殖する事が出来ました。
勿論、まだまだ先は長いですが19年間繁殖をやってきて初めての国産F2なので、僕の中ではこの3匹の持つ意味は大きいです。この3匹はアルビノの孫にあたりますが、アルビノ系列同士を掛け合わせなかったので黒目となります。

2回の産卵で97個もの卵を得たのに結果は3匹であるのは数字の上ではあまり良い物ではありません。正直、多くの方がそう感じている事と思います。でも僕の中では全く評価は逆で今回の結果には大満足しています。


現地でアルビノが少しずつ出回り始まってすでに10年以上の月日が経ってます。いくつかの養殖場でアルビノを保有して繁殖を試みていますが、生産数が上がらないという大きな謎がありました。普通の熱帯魚であれば一度アルビノが出始まると加速しながら繁殖数が増えます。アルビノシルバーやアルビノクロコダイルスティングレイなどが良い例でしょう。しかし、アジアアロワナのアルビノだけは何故か同じ様に数が増えてこないという謎がありました。

色々考え、聞き、悩み、実践してきましたが、この1ヶ月での3回の産卵と今回の3匹で一気にその謎が解けたのと、それをクリアする道が見えた事がとても大きな事でした。恐らく池の中が見えない現地の養殖場はその事に気がつく事はないと思いますし、確認するすべもありません。その点では個体を管理、観察できる水槽での繁殖の最大のメリットだと思います。現地の池で10年以上もアルビノが増えない理由、クリアする方法。この3匹は97個の中のたった3匹ではなく、大きな意味を持った3匹なのです。

1匹のアルビノの幼魚からやっとここまで来れました。もうそれ程遠い未来の話、夢物語ではなくなってきました。いつも応援ありがとうございます。またご報告します。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


2ペアが同時に産卵致しました。



①バックヤードでペアリングしていた過背金龍が産卵致しました。一度も成功した事のない組み合わせですので、どうなるか分かりませんが無事に産卵し卵を咥えてくれたのでほっとしています。


②同じバックヤードでもう1ペア産卵しました。同日で2ペアでの産卵は初めてなので、少しびっくりしています。正直もう数日かかるかと思っていましたので、早く産んでしまったという印象です。このオスは卵を咥えるのが上手ですが、こちらの組み合わせも初めての組み合わせです。


①の産卵は動画撮影を行いました。何回か繰り返し見ましたが少し面白い動画が撮れました。

ここ最近はアルビノの繁殖を目指し、少しずつ難しい組み合わせのペアリングに挑戦しています。個体が若かったり、小さかったり、気性が荒かったりと簡単ではありませんが、少しずつ前に進んでいると考えています。今回の2ペアもアルビノ絡みの2ペアなので、成功すれば1歩前進する事になります。ただ、アルビノ絡みゆえの難題も抱えているので来年はそこをクリアする事に全力を尽くしたいと思っています。

いつも応援ありがとうございます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


過背金龍(アクアリーダー産)NO.1



アクアリーダー産の過背金龍です。輸入した個体を少しずつですが、カートに掲載しながらブログでご紹介したいと思います。上品な色合いでこのサイズにして全身ピカピカな個体です。年末年始なのもあり通常よりも数多く選別しましたが、その中の一匹です。


日本の水にも慣れ、餌も順調に捕食していますのでここからさらに体高が出る様に務めています。アクアリーダー、ラフレシア共にお薦めできる1匹です。

この過背金龍の掲載ページはこちらから

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


マレーシアに行ってまいりました。(2019/11)その1



シンガポール経由でマレーシアのアクアリーダーに行ってまいりました。アクアリーダーはマレー半島の最南部に位置するので、日本から直接マレーシアに入るより、シンガポールを経由した方が4~5時間は早く到着出来ます。


シンガポールからマレーシアへは国境の橋を渡り入国します。この橋の両側に両国の入国審査場があります。橋を渡る前にシンガポール出国、橋を渡り終わってからマレーシア入国となります。東京と千葉を結ぶアクアラインみたいな感じです。


アクアリーダーに着くと急に雨が降り出し土砂降りになりました。30度超えの気温でしたが、スコールが来ると25度位まで一気に気温が落ちます。暑い中で選別を行うより少しでも落ちた方が作業が楽になります。20年以上渡航して慣れてはいますが、日本の寒い時期の渡航は気温差が大きいのでHPをガンガン奪われて行きます。


まずはストック場全体を流して見ていきます。細かくアロワナを見て回るのではなく、全体的にどの種類、サイズのアロワナがどの位居るかを把握する為です。ここはスーパーレッドと紅尾金龍が多くストックされています。


メインである過背金龍も流す感じで見て回ります。勿論、その間にも良い個体がいればメモを取って忘れない様にしていきます。ざっと見て回るといってもこの作業だけで2時間を要し、輸入全体のイメージを組み立てながら昼食をとります。


甘辛ソースのグルーパーです。えっと味は甘すぎです・・・。


さて、ストック場に戻って本格的に選別開始です。良い個体を選ぶのは当然の事ですが、個性のある個体、魅力やインパクトのある個体、形でも色でもとにかく特徴のある個体などを選別する様にしています。前回ご好評頂いた濃い金質を有する個体などを多めに選別する事にしました。年末でもありますし、いつもよりも数も多めに選ぶ予定で来ています。さてさてここからが大切な仕事なので頑張って選びます。

つづく



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ヘテロ最終報告(2019/08/21)



ヨークサックが吸収される寸前の稚魚です。ここまで約産卵から70日です。卵から黒水槽で飼育していた為に、身体全体が真っ黒です。このままの色合いで大きくなったらかなりカッコ良いと思うのですが、喧嘩を避ける為に単独飼育に移すので数日後には普通の色合いになります。


単独飼育に移し数日経った本日の画像です。メダカを食べるだけ与えていますので、腹が常にパンパンです。ヘテロはアルビノ過背金龍×過背金龍の組み合わせですが、ヘテロにはアルビノの表現は現れません。しかし、アルビノの遺伝子を半分受け継いでいますので、ここからさらにアルビノに戻し交配を行うか、ヘテロ同士で繁殖させればアルビノが出現します。

このヘテロ達が産卵したり卵を咥えるには最低でもあと3年はかかりますが、この子達の兄弟魚は産卵したり卵を咥え始まっています。かなり先は見えてきましたので、どこかのタイミングで国産のアルビノ過背金龍を繁殖させる事ができると考えています。

2ヶ月間応援ありがとうございました。また他の産卵があればブログやTwitter等でご報告させて頂きます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


RAFFLESIA

アジアアロワナ専門店ラフレシア

341-0044
埼玉県三郷市戸ヶ崎3124-12
048-955-7000

12:00~20:00
定休日 月曜日
http://www.arowana.jp/

カテゴリー

Count per Day

  • 935294総閲覧数:
  • 622933総訪問者数:
  • 32今日の訪問者数:
  • 133昨日の訪問者数:
  • 149一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数: