アジアアロワナワールド

アジアアロワナ専門店ラフレシアのブログです。日々の出来事などをブログとして掲載しています。

アーカイブ: 2022年11月17日

アクアリーダー養魚場のご紹介

AQUALEADER AQUARIUM(立達水族)

マレーシアのジョホール州にある”アクアリーダー養魚場”です。最初にアクアリーダーに行ったのは約18年前。その時は10数面程しかない小さな養殖場でした。当時は新しいファームで知名度もありませんでしたし、日本でもその名を聞く事はありませんでした。「なぜ無名のアクアリーダーと取引をしたいと考えたか?」って疑問に思われるかもしれませんので、少しご説明したいと思います。

ゴールデンヘッド

①過背金龍が良質である事。当然と言えば当然ですが、当時は質よりも量を重視される時代でもありました。本当に良い個体は少なかったです。しかし、アクアリーダーはファームを作る際に良質の親魚を厳選して集め、過背金龍の養殖が始まりました。「金額は高いが質が良い養殖場」として噂を聞いていて、まずはアロワナを見せてもらう所からスタートしました。実際にマレーシアを訪れて自分の目で見て納得の個体達でした。

アルビノ過背金龍

②アルビノ過背金龍が不定期で産まれる。当時としてはアルビノはとても珍しく、インドネシアでも目にする事はありませんでした。生産量の多い大手の養殖場でアルビノが出ないのに何故アクアリーダーでアルビノが産まれるのか不思議でした。それはアルビノの遺伝子を持ったヘテロを複数所有しているからで、アルビノを見てみたい、いつかは輸入したいと思っていました。金額の問題はありますが、運さえあればチャンスはあると考えました。

ジャッキーとアセンさん

③ジャッキーの人柄にも魅力を感じました。どうすればお互いのビジネスが上手くいくのか多くの時間を話し合ってきました。何回も喧嘩もしましたが、今の関係はその上で成り立っています。お互い言いたい事を言い合ってきました。「もう帰るわ!」って言って買わずに日本に帰国した事もあります。今では本当に友達みたいな感じです。

プラチナ&アルビノ

アルビノの他にもプラチナが産まれる事も・・・。そうは言っても過去4匹だけですが、それでも多い方かもしれません。そしてその内3匹は当店で輸入しました。正直、金額で言えば日本より中国に売った方が高いとは思いますが、それでも日本に出してくれるのは本当にありがたく思います。

アルビノ過背金龍の秘密

元々アクアリーダーは3人が出資した合同ファームでした。その後3人は合同会社を解散し別々の道を歩み始めます。1人は養殖を辞めました。その際に親魚を配分し、1人はAと言うファームを作り、残った1人がアクアリーダーです。今ではいくつかのファームでアルビノを見る事が出来るようになりましが、その多くがこの系統から産まれたアルビノになります。ですからある意味全てのアルビノは兄弟魚であると言っても過言ではありません。アルビノ・クロコダイルスティングレイが今では多く出回っていますが、それも1匹のアルビノから始まったのと似た様な感じですね。

ストック水槽

2段済みのアングルに見えますが、実は3階まであって6段済みになっています。この木の柱で6段って本当に怖いです。選別中も地震があったらどうしようっていつも思います。お化け屋敷よりも遥かに怖い命がけのストックルームです。

体育館の様な大きさ

大小合わせて4つのストック場がありますが、ここが一番大きなストックルームになります。稚魚の育成は小さな部屋で行われますが、とにかく好き放題選ばせてもらえるには感謝です。

過背金龍

これでも凄く良い個体達ですが、厳しく選別で外す様にしています。日本におけるアクアリーダー産過背金龍の質の高さを落とさない為です。簡単な事ではありませんが、今後もその方針に変わりはありません。

アクアリーダー全景動画

周りはヤシの木で覆われている養殖場です。この灼熱の太陽の元、アクアリーダーのアロワナは産まれています。これからも良い個体を輸入販売出来るようにアクアリーダーと共に頑張っていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村