アジアアロワナ・ワールド

ラフレシアのブログです。アジアアロワナに関する入荷案内など様々な情報を発信していけたらと思っています。

  • インドネシア1998年の暴動

    これは1998年のジャカルタポストの1面です。当時日本の新聞やテレビでも報じられたのでご存知の方も多いかと思いますが、スハルト大統領を退陣に追い込んだ民主化運動です。民主化運動って書くと聞こえがいいですが、新聞のトップにも書かれている”RIOT”。まさにインドネシア国民の大暴動でした。あ[...]

    続きを読む
  • アルビノ産卵最終報告

    アルビノの卵を咥えていたオスのヘテロですが、本日卵を咥えていない事を確認いたしました。仮に今回この組み合わせで成功していれば、確率上では半分の50%がアルビノだっただけに残念な結果です。しかし、当初の予想取りであったとも納得もしています。原因は様々ですが、1番はオスの未成熟だと考えていま[...]

    続きを読む
  • アロワナVS人工孵化(アルビノ産卵中間報告)

    アルビノの卵を咥えた2歳のオスの過背金龍、咥え残した卵の人工孵化とで様子を見ていましたが、人工孵化の方の卵は全て腐りました・・・。大きな原因は24時間監視、管理するのが不可能な事で夜中に腐った卵が連鎖的にダメになってしまいました。オスの方は口は大きく膨らまし平気な顔で卵を咥えています。し[...]

    続きを読む
  • キングショートを掲載致しました。

    スーパーレッドのキングショートを撮影し直し、ショッピングカートに掲載致しました。餌はメダカを食べるだけ与えて飼育していますが、もう少し大きくなれば後方も体高がで始まりかなり可愛い個体になると思います。基本的には高値で取引されるキングショートですが、ディナミカカプアスのジミーがラフ[...]

    続きを読む
  • ショッピングカート復活しました。

    ラフレシアのショッピングカートの不具合ですが、ほぼ修復できました。windows10に搭載されているMicrosoft Edgeで画像が上手く表示されなかったり、カテゴリーが機能しなかったりと言った不具合も改善されたと思います。長い間ご不便をお掛け致しました。PS.「まだここがお[...]

    続きを読む

アーカイブページ

ダトニオの波



最近はダトニオを探されている方が多く毎日のようにお問合せを頂きます。
今月号のアクアライフのダトニオ特集や、ガーの規制開始も重なっての事かと思いますが、探されている方が多いのを実感しています。そんな中いまいち波に乗り切れていないラフレシアです。

*ダトニオ特殊個体のページに3個体(左上、右上、左下)掲載して頂きました。


このダトニオの波に乗れていないのには理由があります。
これは昨年の画像ですがリアルバンドだけで350匹輸入致しました。この時は¥13,800(税込み)で販売させて頂きましたが、なんと今年は売った値段で買えないという事態になっており、さてさてどうしようと思っていながら時間が流れている感じです。

昨年当店よりリアルバンドをご購入して頂いたお客様はラッキーだったと思いますし、我ながらいい仕事だったとも思います。ワイルドには当たり年があるので、今年がただのハズレ年なのか、来年以降も続くのかは現時点では分かりませんが、出来る限り現地の情報にアンテナを張りながらタイミングを見計らいたいと考えています。


色彩変異とユニークバンドのダトニオですが、4匹で混泳してみました。リアルバンド探しの旅で見つけた個体達です。どちらかと言えばこちらをメインに探していたので、少し言い方が違うかもですね。ワイルドには波があるのと海外での人気が上がっているのは分かっていたので、探せる時に探して買わないと買えなくなるって予想していました。現に今年は色彩変異の価格も跳ね上がりとてもじゃないですが手が出ませんでした・・・。


せっかくなので記録もかねて3個体ご紹介します。
左からDATZ1号、DATZ2号、パターンレスです。左2匹は白ベースのダトニオでノーマルの個体とはベースの色が全く違います。身体が透けていて血の色で白ピンク色をしています。フィッシュルクス&LEDで撮影していますので、少し色味はピンク色が強く写っています。*次は白ライトで撮りますw

一番右のパターンレスは小さい時からバンドがマダラ模様で成長してどうなるか様子を見ていましたが、ほとんど変わらないかバンドが少し消失した感じで育っています。ベースカラーはノーマルです。他にももう1匹在庫しています。


DATZ2号。こちらは白ベースの個体で喉元とエラブタの一部が真っ白になりました。定期的に撮影してバンドの変化を見ていますが、徐々にバンドが無くなってきています。あと半年あればかなり良い感じに仕上がってくると思います。肩口の辺りはベストな色になりました。


DATZ3号。入荷時は6cmだったのでだいぶ大きくなりました。この個体も白ベースでバンドが徐々に消失しています。たまに黒化しているので、そうなるとノーマルと見分けがつかない位の色になっています。開花するのにはもう少し時間がかかりそうですが、将来かなり有望です。

この他、オレンジと白がいますが今まではネットに掲載するのを出来るだけ控えていました。ブログには海外からのアクセスが少ないので良いのですが、Facebookには3500人以上の方にフォロー頂いており、海外の方が多いので掲載は出来ませんでした。理由は簡単で色彩変異を掲載すると海外で探される方が増えて、価格がさらに高騰すると考えた為です。今回こうやって画像を乗せているのは今年はワイルドの採取量が少なく、ちょっとお手上げだと考えた為です。

リアルバンドやプラスワンに関しては次回渡航までにもう少し情報を集めて、どうするのがベストか考えます。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


更新滞ってしまっていて申し訳ございません。


ここ最近、ブログの更新が止まってしまっておりました。申し訳ございません。
おかげ様で元気ですし、バタバタと忙しく過ごしております。

と言う事で苦手なカメラを取り出し、在庫しているスーパーレッドのショートを3匹撮影しショッピングカートに掲載致しました。キツイ詰まり方のショートではなくナチュラルな感じの日本で人気のタイプです。

¥230,000(税込み)
170-008783~5

PS.★になる事を覚悟したアルビノのメスですが、餌も食べて完全復活致しました。今回は産卵のタイミングを逃してしまいましたが、また機会があれば挑戦したいと思います。ご心配おかけいたしました。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


6月からのアジアアロワナに関する法改正



2018年6月からアジアアロワナに関する制度が大きく改正されます。

嫌なお知らせブログなので気が重いですが、大切な事なので目を通して頂けますようにお願いいたします。

まだ、自然環境研究センターより正式発表になっていないので、このブログで書く事が全て正しいかどうかも分かりませんが、少なくともアジアアロワナを飼育、購入、販売する方全てに関わる大きな法改正となりそうです。大きな点は下記の2つです。

1.登録申請費用が3200円から5000円に値上げ
これは登録票の申請にかかる際の値上げです。この価格は販売価格に大きく関わってきます。今後グリーンやバンジャールレッド、紅尾金龍の販売価格に関係してくると同時に輸入量にも大きく変化が出てくる可能性があります。例えばグリーンアロワナは現在全国的に15,000~20,000円前後で販売されていると思いますが、この価格がショップや輸入業者には重くなると思われます。仮に販売価格が20,000円だとすると、この内の5000円が登録票の価格となります。残りの15000円で原価、管理費、利益と見た時に採算が合わないと思いますので、値上げか逆に輸入量が大きく減ると予想できます。

2.登録の有効期限が5年に改正
6月から新しく輸入された個体だけではなく、現在日本国内にいるアジアアロワナの登録票に5年の有効期限が設定されます。これはショップにいる個体、皆様の飼育している個体全てが該当します。ですから規制が始まれば期限内にアジアアロワナの申請の準備をして頂く必要が出て参ります。輸入日より5年ですので、先月輸入された個体と3年前、5年前の個体では少し期限の設定が違います。有効期限の更新には更新費用も発生します。金額は正式発表前なのですが4600円だと思われます。申請方法や書式などはまだ決まっていませんが、正式な発表があれば出来るだけ早くブログ等に掲載したいと思います。

以上2点が制度改正の大きなポイントですが、あくまでも正式発表がなされていませんので、ここに記載した事全てが正しいかどうかは分かりません。いずれにせよ、ここに書いた事に近い形で規制になる事は間違いないと思いますので、たまにブログ等をチェックしてみて下さい。

PS.ガーの規制が始まったと思ったら、今度はアジアアロワナ等も規制対象になり、胃薬と頭痛薬を同時に飲む羽目になりました。しかも6月からだと時間もあまりありません。行政、業者間でも出来るだけ、情報や意見の交換を行っていますので、出来るだけ早い段階でお知らせ出来るようにいたします。大切なお知らせでもありますので、多くの方に知って頂きたいのでリツーイト等して頂けるとありがたいです。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


アルビノ無事に生還いたしました。



ラフレシアのTwitterで何回かご報告させて頂いていたので、ご存知の方も多いかと思いますが、ペアリング中のアルビノが突然ひっくり返って自力で泳げなくなりました。ペアリング中にオスに攻撃されその際に頭をぶつけて脳震盪を起こしたと思われ、浮袋がパンパンに膨れその浮力でひっくり返ってしまいました。

この様な症状は混泳やペアリングだけではなく単独飼育でも起こりうるトラブルで、健康なアロワナがいきなりひっくり返って死に至るケースが多く、同じような苦い経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?自分自身の力が強ければ強いほど、重症になり易くピラルクなども同じパターンで死に至る事があります。ほとんど薬等も効きませんし、治療にはコツと根気が必要です。死亡率も高いのでさすがにアルビノがひっくり返って泳げなくなった時は死を覚悟しました。


アルビノがひっくり返って今日で5日目ですが、何とか自力で泳げるまでに回復させる事が出来ました。
まだ、背中も浮かせてしまいますしヨロヨロとした力のない泳ぎですが、それでもひっくり返って水面でへの字に曲がっている頃から比べたら全然OKです。この5日間は夜中も3時間ごとにアルビノを観察していたので、かなり寝不足ですしヘトヘトに疲れましたが、その苦労も報われた気持ちでブログを書いています。ここまでくればあとはそれ程難しい処置ではないので少し楽になります。

ペアリング中で餌も1ヶ月食べていませんでしたし、オスにつつかれてヒレもやられていた状態でのトラブルだったので、正直9割は死んでしまうかと思っていましたが、なんとか持ち直してくれたのでほっとしています。

多くの皆様にご心配頂き嬉しく思います。ご心配おかけいたしました。本当にありがとうございます。

*ここでは逆に悪化させてしまう可能性があるので詳しい治療方法の記載は避けますが、もし同じようなトラブルでアロワナがひっくり返ってしまった時などはお電話頂ければ個体や飼育環境に合った治療法をご紹介させて頂きます。

注:今回の症状は肥満体型の個体がひっくり返る症状とは異なります。

↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


ガー科の特定外来生物指定について



出典:環境省ホームページhttps://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/lepisosteidae.html

ガー科の特定外来生物指定について

ガー科については、H28年に特定外来生物の指定へ向けた検討(パブリックコメント)が行われ、H29年11月21日に特定外来生物の指定について閣議決定されました。H30年4月1日(日)から規制が開始されます。

指定対象
ガー科(Lepisosteidae)全種
ガー科に属する種間の交雑により生じた生物
※ガー科及びガー科に属する種間の交雑種については、規制開始以前より飼養しており、継続して飼養を続けるにあたっては、平成30年9月30日までに外来生物法に基づく手続きが必要です。詳しくは以下のページもご覧ください。

「飼養等に関する手続き」のページもご確認ください。
URLリンク:http://www.env.go.jp/nature/intro/1law/shiyou/tetsuduki.html
ガー科及びその交雑種の飼養等許可申請様式
01_(ガー科)様式1-A 新規申請書(愛玩目的) WordPDF
02_(ガー科交雑種)様式1-A 新規申請書(愛玩目的)WordPDF
03_書き方例(ガー科)様式1-A 新規申請書(愛玩目的)PDF
04_申請書作成にあたっての参考資料 PDF

申請手続き及び申請書の送付先は、飼養等施設の住所を管轄している地方環境事務所となります。

検討の経緯
H28. 1.29 魚類グループ会合(第6回)議事次第・資料議事概要議事録
H28. 3.15 特定外来生物等専門家会合(第10回)議事次第・資料議事概要議事録
ガー科のパンフレットはこちらから

「飼養・運搬等」、「譲渡」、「輸入」等の規制開始(開始後6ヶ月以内に既に飼養等をしているものについて、申請が必要)

違反したらどうなるの?
特定外来生物は、たとえば野外に放たれて定着してしまった場合、人間の生命・身体、農林水産業、生態系に対してとても大きな影響を与えることが考えられます。場合によっては取り返しのつかないような事態を引き起こすこともあると考えますので、違反内容によっては非常に重い罰則が課せられます。以下はその一部をご紹介します。



↓ブログランキングに参加しています。下記バナークリックで多くの方のアロワナブログをご覧いただけます。
いつも多くのクリックありがとうございます。皆様のクリックが次のブログの原動力になっております。

0489557000


Count per Day

  • 642343総閲覧数:
  • 100今日の閲覧数:
  • 305昨日の閲覧数:
  • 439052総訪問者数:
  • 85今日の訪問者数:
  • 222昨日の訪問者数:
  • 234一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: